柴猫

見えない目撃者の柴猫のレビュー・感想・評価

見えない目撃者(2019年製作の映画)
3.7
点字ブロックを確認した瞬間、一心不乱に全速力で駆け抜けていく盲目の女性。この画が力強すぎて感動してしまった。
警察学校を優秀な成績で卒業し、元々は目が見えていたという設定が前提だけど、見えない制約と見えないからこそ気づける視点もふんだんに盛り込まれていて大満足。

ミステリーとしては強引すぎる見せ方で犯人が分かってしまうんだけど、逆にそれを匂わせてサスペンスに全フリしたのも大成功だったと思う。邦画でサスペンス見たなって気持ちになれるのは嬉しい。
森淳一監督は不思議な監督さんで、幻想的でホラーともサスペンスとも言える演出が抜群に上手い。今回は現実の社会問題を根底に置きながら、緊張感もあり笑いもありでかなりバランスが良くて驚いた。次はSFチックなのを撮ってくれないかと期待してしまう。

個人的にはワンコとのじゃれあいが見たかったけど、盲導犬として距離を保った関係というのは正しいし、それ故に感動する部分があったりして凄く良かった。