パリに見出されたピアニストの作品情報・感想・評価・動画配信

「パリに見出されたピアニスト」に投稿された感想・評価

monchan

monchanの感想・評価

3.5
駅ピアノを思い出した。
少し物足りない感じもしたけど、
良い映画。
やっぱ音楽は良い。
dieさん

dieさんの感想・評価

3.7
「〜ピアニスト」と名のつく映画にハズレなし。
内容はありがちなサクセスストーリーだけどマチューの性格の悪さはなかなかない笑
だからこそラストが際立つんだろうけどイライラした!
ピエールは頑張ったね。パリじゃなくて完全にピエールが見出してた!笑
こうゆう映画の演奏シーンは必ず鳥肌立つ。
「9人の翻訳家」で気になったランベール・ウィルソンが出ていたので借りました😊

思ったより軽かった。けど、決してつまらないわけではなく。青春ものとしては事件と主人公の描写が少なく音楽ものとしてみたほうがいいかもしれない。
「シャイン」なんかを思えばそれでも辛いかもしれませんがドラマとして面白いです。

やっぱりランベール・ウィルソンカッコいいですね。絵が持ちます。それが結構大きい映画です。
フランス映画って感じでした。
ストーリーが綺麗な感じでした、
もう少し起伏があればもっと点数高かったかなと思いました。
まあありがちなストーリーですな。展開も唐突過ぎてなんかふあっと見てしまいました。
愛

愛の感想・評価

3.5
面白くなかったって訳じゃないけど、あともひとつ何かが足りない感じ。

ジュール・ベンシェトリ、めっちゃくちゃかっこいいなぁ〜どっかで見たことあるなぁ〜って思ったら"アスファルト"のあの美少年だったのねー。

そして、つい最近観た"男と女"のジャン=ルイ・トランティニャンの孫って!たしかに若い頃の彼にどことなく似てる!
Sou

Souの感想・評価

4.5
自分にとって、映画はいつも、心をきれいにしてくれるものだった。
そして、この映画も、まさに、それだった。
ピアノの音のように、涙がこみ上げた。
YoriAyano

YoriAyanoの感想・評価

4.7
郊外の貧困層で育った天才ピアニストが駅で才能を見抜かれ困難を乗り越えて成長していく、というどこか設定に既視感が拭えない内容なのですが、出会う人々の情熱や主人公のピュアさに感動です。

フランスの監督が制作しているからなのか、内からのパリの魅力が良くも悪くも表現されています。
海外映画でフランスをイメージする時に結構あるあるな、「変な洒落感」(笑)が無く、むしろ郊外の汚さ、偏見を上手く使っているようです。

既視感と書きましたが、
この映画の終末ではある意味でハッピーエンドではありません。こういう映画は大抵綺麗に終わるのですが、消してクリーンに終わるわけではなく、そういった終わらせ方で、
音楽の厳しさ、才能の限界をリアルに伝えてくれる、現代ならではの作品です。
>|