MOON

はちどりのMOONのレビュー・感想・評価

はちどり(2018年製作の映画)
4.0
人の人生が必ずしも輝くって言えるだろうか。そうであって欲しいとは思う。当たり前や常識の中に必ずしも入れるわけじゃない。不器用な人間はその中になかなかすんなり入れない。入らないといけないわけじゃないけど、世間ははみ出しものを劣等生扱いする。ウニの最後のシーン、これから良くなっていくのか、迷子のままなのかすごく繊細で不安定な顔だった。