ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -の作品情報・感想・評価

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -2019年製作の映画)

上映日:2019年09月06日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.0
いつものヴァイオレットです。
つまり、少し泣けて、美しい物語と絵です。

90分があっという間で、もっとこの世界を体験していたいなとシンプルに思いました。
つばさ

つばさの感想・評価

5.0
ずっと綺麗。
うめこ

うめこの感想・評価

4.0
2020.03.27-86-336
京アニさんありがとう🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️
やっぱり作画綺麗だし、すごい素敵な作品。
本編の映画も楽しみです。
kirin

kirinの感想・評価

4.0
ずっと楽しみにしていた作品。
TVアニメでも大いに泣かされた。
アニメではヴァイオレットちゃんの生い立ちや、いつも大事に付けているブローチのストーリーなど。何故自動書記人形になったのか。
義手になってしまった理由など。
アニメを観ていない人もこの作品を観たらきっとアニメにも手を出したくなるはず。

コミュ障の僕っこ少女の教育係に任命されたヴァイオレットちゃん。
普段は手紙を書くのが仕事なのですが今回はお偉いさんからの任務という事で特別。

ヴァイオレットちゃんは無感情で、痛みすらも感じていないのではないかと思うくらいの機械みたいな少女だった。だが、ブローチのストーリーを経て初めて人間としての感情が芽生える。
それから自動書記人形になり、色んな人達の手紙を書く事によって色んな意味の「愛してる」を知るのだ。ヴァイオレットちゃんはただ言葉を手紙に書いているのではない。送る人、受け取る人達の気持ちに寄り添って手紙を書いている。

そして今回の僕っこ少女。この少女にも大切に想う人がいる。最初はヴァイオレットちゃんに対しても必要以上の事は話しかけるななど、学校でも一匹狼。だけど誠心誠意心を込めて対応するヴァイオレットちゃんに少しづつ心を開いてゆく。

この僕っこ少女、大切な人の為に、大切な人を守る為に、自分の人生を捧げた。
そして自由を失い、大切な人とも離れ離れになった。そして手紙を書く。ヴァイオレットちゃんと一緒に。そしてその僕っこの大切な人もまた、僕っこの事を大切に想っていた......。

離れ離れだけど、手紙は幸せを伝えてくれる。時に悲しい事実もある。だけど郵便配達人は幸せを届ける仕事だと、小さな胸に思った。私にとってはその手紙は幸せだったから。

いやー。またまた泣かされましたね。
最初の30分くらいなんの百合アニメだよ。と、外したのか?と、心配しておりましたがやはりハズレなしの京アニさん。ほっこり心温まるストーリーに仕上げてくれました。

絵も綺麗、声優チョイスもバッチリ。
あの火事でお蔵入りになってしまうのでは。と、火事に対しても作品に対しても悲しい気持ちになっていましたがレンタル開始されたと知って、嬉しいやら、やっぱり悲しいやら.....。
だけどやっぱり作品は素晴らしい。

今やペンを取って、手紙を書く事や、もしかしたら字を書く事すら減っているのではないでしょうか。口では言えない、メールでもちょっと。。。それなら手紙なら、なんだか少し素直な気持ちで相手の事をいつもより少し多めに考えながら書く事ができるのではないでしょうか。
そしてその手紙を届けてくれた郵便配達人に「ありがとう」と、言えたらとても素敵な事ではないでしょうか。なんて、どっぷりヴァイオレットちゃんの世界に浸ってしまいました。笑

大切な人に気持ちを伝えるという事はとても大事な事だと教えてもらいました。

このレビューはネタバレを含みます

テレビシリーズを通してヴァイオレットの成長を見続けてきた者を、なんとも感慨深い思いに浸らせてくれる映画
(本作だけ見てもある程度はわかるかもしれないがやはりTVシリーズを見てから見るべき)

今作は作りとしては正直地味だ。派手なアクションシーンも何もないし、かといって激しい口論などがあるわけでもない。
考えてみれば当然の事だ。これはヴァイオレットの日常の一部を切り取ったものでしかない。しかしヴァイオレットが手紙の代筆を通して積み重ねた時間が確かに彼女を成長させた。
これまではあくまで依頼や命令のようなものから始まったお手伝いに過ぎなかった彼女が、今作で自ら誰かの思いを繋ごうとするのだ。
正直彼女自身はまだそれが自分の気持ちかどうかすら気付いていないかもしれないが、テレビシリーズからヴァイオレットを見続けていると、まるで娘を見守る親のような暖かい気持ちになった

人の醜さを描く作品の多い中、人と人の絆、暖かさを思い起こさせてくれる作品
TVシリーズから見てたけど、この外伝も期待を裏切らない映像の美しさと内容だった。あたしもバイオレットと踊りたい、一緒に寝て星座の話されたい…と思った。
待ちに待った映画化😭
毎度毎度、ヴァイオレットには泣かされる。
こんなにも繊細で美しい物語はない。
京都アニメーションの技術、感性、心理描写の素晴らしさを感じる。
涙なしでは見られない。
あぁ、人生はなぜこんなにも辛く悲しく、なぜこんなにも愛おしいんだろう。
生きていてよかった。
はなめ

はなめの感想・評価

3.9
心のこもった物語。
空や植物などの背景が美しくて引き込まれた。部屋に飾りたい。
アニメで風の匂いや温度を感じたのは初めてだった。音楽も素晴らしかった。

それぞれの花道
ひろ

ひろの感想・評価

4.3
手紙なら素直に伝えられる。郵便は幸せを運んでいる。郵便だけじゃない、世の中の仕事は幸せを運ぶためにある。そんな勇気をもらえる作品でした。鬼がかってる背景はさすが京アニ、背景だけで泣ける美しさです。
>|

似ている作品