燃ゆる女の肖像の作品情報・感想・評価・動画配信

燃ゆる女の肖像2019年製作の映画)

Portrait de la jeune fille en feu

上映日:2020年12月04日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

「燃ゆる女の肖像」に投稿された感想・評価

ブンコ

ブンコの感想・評価

4.3
演技力が2人ともすごい
りょう

りょうの感想・評価

4.0
一瞬でも激しく燃えた炎は残火として生涯くすぶり続けるよね。
ちゃー

ちゃーの感想・評価

3.9
かけがえのない時間を持ってない普通である自分がつまらない人間に思えてくる。ないものねだりです。

「マディソン郡の橋」を思い出した。
切なさは比べられない…けど。
Yutaka

Yutakaの感想・評価

5.0
大大大傑作!!!
久しぶりに映画みたらとんでもないの見ちゃった。
いわゆるLGBT映画だけど、そんなカテゴライズするには収まりきらない愛の形。
最初はキャンバスを媒介にしたぎこちないコミュニケーションだが、そこから愛に発展していく片鱗を感じさせる些細な表情や仕草が絶妙。そこから彼女たちの関係はキャンバスという障壁を取払ったかのように思えるが、再会はキャンバスを通じてというのが皮肉じみたもの。しかし、そこにあるひと仕掛けがまた彼女たちを過去という現実に引き戻す。ラストシーンは同じくLGBT映画の傑作、『君の名前で僕を呼んで』を彷彿とさせる。マリアンヌが何時か弾いた曲をオーケストラで聴き、感情の渦に溺れ咽び泣くエロイーズ。琴線に触れた。決して救いの無い愛では無かった。後悔するんじゃなくて思い出して欲しい。
また他のテーマとして堕胎も作中に含まれていたが、それもまた同性愛の肯定に繋がるのではないか。印象的だった。
画も綺麗すぎて見入ってしまう。食卓のシーンも本当に西洋絵画のよう。他にもギリシア神話を引用するが、これはフランス映画によくある難解すぎるメタファーではなくこの物語に完全に沿ったもの、不可欠なもので、好感を持てた。完璧です。
babygroot

babygrootの感想・評価

3.4
家で観るには芸術的過ぎて。。焚火の周りで女性たちが歌う唄はきれいだし、最後の再会のときのエロイーズの演技はすごいなぁ、と思ったけど。
ナエ

ナエの感想・評価

5.0
全部が絵画みたいに美しい
筆のサッサッて音永遠に聴いてられる…
akrutm

akrutmの感想・評価

3.9
18世紀末のブルターニュ地方の孤島を舞台に、自殺した姉の代わりに望まぬままにミラノの貴族に嫁ごうとしている令嬢エロイーズと、彼女の肖像画を描くために呼び寄せられた女性画家マリアンヌがお互いに惹かれ合っていく姿を描いた、セリーヌ・シアマ監督の恋愛映画。主役の2人の他に、エロイーズの母と女中という4人の女性しかほぼ登場しないという、女性だけを描いた作品であり、そこにはセリーヌ・シアマ監督のさまざまな想いが投影されている。

令嬢エロイーズを演じるアデル・エネルは、私生活ではかつてセリーヌ・シアマ監督と恋愛関係にあったことがあり、本作の脚本も彼女を想定してあて書きしている。一方、近年多くの映画に主演している注目株のノエミ・メルランが画家マリアンヌ役に起用されている。本作がノミネートされた2020年の仏セザール賞で、ロマン・ポランスキーの監督賞授賞が発表されると、アデル・エネルと、セリーヌ・シアマ監督、ノエミ・メルランが退席したということでも話題となった。

とにかく、絵画を思わせるような芸術的な映像が特徴的な作品である。ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの絵を思い起こさせるような1本のろうそくだけで照らされた室内を写すシーンや、暖炉を背景に3人の女性がテーブルに並んで過ごす構図など、絵画的な映像がとても美しい。本映画にとって重要となる、ドレスに火がついたままエロイーズが佇むシーンなども印象的。

一方で内容的には、上記の火のシーンなどが象徴的に使われているものの、二人の心の動きが細かく描ききれていない(と個人的に感じた)点は少し不満だった。終始ポーカー・フェイスのアデル・エネルを見ていると、前半は配役を逆にしたほうがよかったと思えてしまうし(最後まで見るとそうではないのだが)、それが後半に生かされることを期待したわりにはそうではなかった。ポーカー・フェイスが悪いわけではなく、また言葉の端々に二人の心情が暗示されているものの、お互いに惹かれ合っていく様子や心情をもう少し効果的に描いてほしかった。これが満たされていれば、自分の中で間違いなく超傑作となったであろう。

また、短期間で終わる運命にある悲愛であるにも関わらず、エロイーズがみせる淡々とした感じも、ん?となったが、これはラストシーンを印象的なものにするためにはよかったのかもしれない。そういう不満を感じていた中で、2つのラストシーンはとても切なく、印象的で、深く心を動かされた。このシーンを見て、エロイーズ役をアデル・エネルが演じたのが腑に落ちた。本映画は、ラストシーンのためにあると言っても言い過ぎではないだろう。
まなみ

まなみの感想・評価

3.7
フランス映画も、繊細に心の機微を描く映画も、静かな恋愛映画も得意じゃないけど、気になって。

結果、綺麗なんだけど眠くなってしまった。でも確実に良い映画です。何もかもが丁寧で、ラストの長回しはそのためにここまでのすべてがあるような気すらするほど。

見る、見られる、視線の交錯。目が語るものが多い映画だったな。思い返せば主演二人とも目力がすごい。
a

aの感想・評価

4.5
とても素晴らしかった!
2人の立場や距離の縮め方、そしてラストが切なくも美しかった。
2人だけじゃなく、女中がいるのもいいポイントだと思った。
ストーリーを説明しようとすると「あらすじ」に書かれてるいることがすべてなんだけど、登場人物の感情を丁寧に描くことで2時間たっぷりかけている印象。

女性の裸体も行為自体もやらしさを感じずこれ自体絵画を観ているように楽しめました。

いくつか疑問が残ったので他人の考察を読んで理解しようと思います。
>|