燃ゆる女の肖像の作品情報・感想・評価・動画配信

燃ゆる女の肖像2019年製作の映画)

Portrait de la jeune fille en feu

上映日:2020年12月04日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「燃ゆる女の肖像」に投稿された感想・評価

普段好んでよく観るピストルバンバン爆発ドッカーン映画とは違ってこれこそが映画!って言えるほど画の美しさに驚いた。

女の人が2人、見つめあって会話をしている。それだけで美しい。
そして炎とか海とかのエフェクトや風景も重なってさらに美しかった。
すごい。

映画に出てきた台詞、
『後悔している。』
『後悔じゃなく思い出して』みたいなのが凄い良かった。自分に言われているように感じるほど心にきた。

ずっとと言っても良いほど炎がパチパチ音にも癒された。

最後のシーンは君の名前で僕を呼んでを思い出した。

絵描いてペンダントに入れて持ち歩きたい。
r

rの感想・評価

4.9
全てが完璧な作品。
ShiorI

ShiorIの感想・評価

-
あーーーーーー
とても繊維、丁寧に作り込まれている
一つ一つのシーンが割れ物みたいで、息止めて観てる瞬間何度もあった

女優の演技すごい

オルフェウス神話知らなかった…
また一つ学び
最後階段駆け降りるところと、展示会のシーンうわぁっとなった
miwako

miwakoの感想・評価

3.9
ほんと吸い込まれた
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.7
美しくて切ない🥲
gomimushi

gomimushiの感想・評価

3.7
「儚い」「繊細」「ミニマル」この3つの言葉が最も似つかわしいであろう、無駄のない洗練された映画。

多くの方がレビューされている通り、常に絵画を目の当たりにするため、まるで美術館にいるかのような不思議な2時間を過ごすこととなった。

どのシーンを切り取っても美しく、歩き方などの所作然りドレスを身に纏うシーンなど全てにおいて「上品」であり、全裸シーンも多岐に渡りあるが、一つも下品さを感じさせない。

焚き火の音や料理の音、呼吸の音までもがエロイーズの優しさ溢れる性格が出ているのだろうか。

男性でもそこそこ楽しめる作品となっているが、女性の方であればさらに楽しむことができるフェミニズム映画だ。
necoko19

necoko19の感想・評価

3.5
女の人生、という感じ。みんなオルフェウスの話が好きだねー。音の殆どない静かな映画だったからこそ、最後のヴィヴァルディとエロイーズの表情が特別な印象に残る。ソフィがいい味出してて好きだったな。
こりゃすごい
アングルを調整するだけで全てのリソースを使い果たしたのでは。と思うほどです
菜

菜の感想・評価

3.7
再会のシーンで燃えました 隅々まで繊細に描かれてた じわじわと余韻が来る
>|

あなたにおすすめの記事