シー・ユー・イエスタデイの作品情報・感想・評価

「シー・ユー・イエスタデイ」に投稿された感想・評価

yui

yuiの感想・評価

2.8
ラスト、、、
みご

みごの感想・評価

3.0
タイムトラベルと黒人問題をテーマにした作品。

二人の天才ティーンエイジャーがタイムマシーンを作ってタイムトラベルをする。
とだけ聞くと冒険物かな?って感じだけど、タイムトラベルする理由が警察に射殺されてしまった兄の命を救うため。という中々にヘビーな内容。
アメリカにおける黒人の疑われやすさというか、立場の弱さが根底にあってコメディっぽくしているけど終始やり切れなさがつきまとってるので、苦手な人は苦手そう。
ワン

ワンの感想・評価

3.0
天才高校生のCJとセバスチャンは科学展に出展するため、ガレージでタイムマシンの製作に取り組んでいた。そして、試行錯誤を重ね未完成ながらも、ようやくタイムマシンを完成させる。だが、そんな矢先、CJの兄のカルヴィンが強盗に間違われ、白人警官に射殺されてしまう。CJとセバスチャンは事件の直前に戻り、カルヴィンを救おうとするが…


人種問題を扱っているので暗い雰囲気かと思っていたらそうでもない。CJは若く無軌道だが、白人に対する怒りを見せないせいか。テレビに映るニュースを除けば誰も怒りは見せない。CJひとりが暴走してしまい、カルヴィンを撃った警官でさえ妥当な措置だと思ってしまうくらいだった。ラストはあれで良いと思う。
前半は、主人公の高校生が発明したタイムマシンで過去に戻るみたいな感じだったんですが、後半、主人公のお兄さんが白人警官に射殺されたあたりからシリアスになっていきます。
お兄さんを助けるためにタイムマシンを使って行動を起こすんですが上手くいかずタイムリープにありがちな問題も発生し余計にシリアスになっていきます。
アメリカの社会問題にもなっている黒人差別や銃規制などテーマは、良いんだけど色々と詰め込みすぎてちょっともったいない感じになってるのが残念でしたね。
GANO

GANOの感想・評価

-
スパイク・リーがプロデューサーである時点でアメリカの問題を扱っていることはわかるはず。タイムマシンは願いであり、今行動する事で未来が変わるという希望。何度でも挑む、若く知性を持った主人公を応援したい。
現在進行形の問題だから、ラストはあれで良いんです
ますみ

ますみの感想・評価

1.0
これはちょっと酷いな、、、。

気楽に見えるタイムリープものかと思ったら、黒人差別も盛り込んできて、ちょっと観るのしんどいな。
ラストのオチも打ち切りマンガ的で、結局なにが伝えたかったのか。

若さ故の未熟さは痛いほど伝わったからその先のなにかをくれ、、、。
jk298

jk298の感想・評価

1.0
テーマ欲張り、短いのに冗長なのは珍しい
Yurihanna

Yurihannaの感想・評価

2.4
若さ、未熟さ、感情で動く
そういうのを描いた映画がひとつはあっていい。
ペンコ

ペンコの感想・評価

1.0
ブラックすぎて落ち込む
>|