家族を想うときの作品情報・感想・評価

上映館(17館)

「家族を想うとき」に投稿された感想・評価

TCG会員試写会にて🎥
ケンローチ監督

共働きの両親に、高校生の兄、小学生の妹
家族みんなが今の状態はおかしいと思って何とかしなくちゃと思っているし、
家族との時間を持とうと努力して
なのに、余りの仕事の忙しさがそれを許さない
これだけ毎日身を粉にして働きづめなのに、生活は豊かになるどころか困窮してしまう
これはどういう訳なのか
いったい、どうしろというのか
監督の、わたしは、ダニエルブレイク🎥でもそうだったけど、観ていてわいてくるのは怒りだ

是枝監督は、ケンローチ監督のをとても尊敬していて影響を受けたと
2人の対談番組では、ケンローチ監督が、
「本当に困っている人たちというとは、助けを求める術も分からないんだ」
「そういう、いっぱいいっぱいで頑張って生活している人たちのことを撮りたいんだ」と言っていた
まさにそんな映画だった

訪問介護をしている母親がとても良い
お年寄りひとりひとりに優しく接して、尊厳を傷つけないよう言葉をかける
本当はもっとキメ細かなケアをしてあげたいのに時間的に出来なくて
この仕事に誇りがあり、人としてこうありたいという姿勢に胸が熱くなる
だからこそ、病院でのことは観ていてつらく、
「いいんだよ、いいんだよ!」と言いたくなった

かつてはとても良い家族だったのが所々で分かるし、そのシーンがとても好き
だいたい、難しい年頃の兄が父親に遠慮無く食って掛かれるのは、横暴なだけな父親じゃ無かったってことだと思う
確かに良い家族だったんだ
今だって、まだ手遅れなんかじゃない
諭様

諭様の感想・評価

-
ひどい話で胃がムカムカした。
れーな

れーなの感想・評価

3.7
タイトルからして興味ある作品だったけど最後の終わり方が絶妙だった。。家族って何なのか考えさせられた
TICTACz

TICTACzの感想・評価

5.0
映画をみていて時間感覚を失ったのはひさしぶりだった。まさか、あんなシーンで幕切れとは… 救いがない、けどそれがワーキングプアの現実、か。ケン・ローチの映画をみるとロンドン生活を思い出すから無条件で好き。
ベル

ベルの感想・評価

5.0
心痛い
つらー。
誰が悪いのか。
涙の町、有楽町で鑑賞
かる鉄

かる鉄の感想・評価

4.2
これまた辛い映画。家族のためにしていることがどんどん家族を崩壊させていく。

前半はコメディ的部分や家族団欒のシーンとかあって笑えたし楽しいんだけど後半が加速して辛い。

宅配サービスで予定の日にちや時間通りに物が届かなくても、この映画を見たあとだとブーブー文句を垂れるのははばかられる。
 貧困層が生まれる原因は本人が怠けてる訳ではなく、社会のシステムが利益の最大化に最適化され、それが極限まできてるから。ラストシーンの主人公の姿は、これが他人事では無いと観客に示してるようでした。
 日本の馬鹿な政治家とSNSで承認要求全開の起業家&それをリスペクトしてる奴らは全員見たほうがいいね。
>|