ピートロ

鵞鳥湖の夜のピートロのレビュー・感想・評価

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)
4.1
Filmarksのオンライン試写会にて観賞。
ウォン・カーウァイのような鮮烈なネオンと、陰鬱たる『ブレードランナー』の世界観が混じり合ったような濃厚なムードにむせぶ。
あざとすぎる色彩と構図と劇伴に好みはわかれるかもしれないが、なんともかっこいい刺激的な極上のノワールであった。
「鵞鳥湖」という舞台もなんとも魅力的だったが、妻子を想う逃走中のやくざと「水浴嬢」と呼ばれる娼婦の組み合わせも最高。
リウ隊長(警察)とホア(元締め)がどちらも坊主頭だったので、なかなか区別がつかず混乱した。