テツ

シチリアーノ 裏切りの美学のテツのネタバレレビュー・内容・結末

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シチリアには行った事が無いけど、イタリア半島のブーツの先っぽにある地中海の島。
ここに500万人も住んでるらしい。
オリーブオイルとワインが有名ですね。

映画はシチリア・マフィアの話だけど、ゴッドファーザーとは違って、1980年代の実話。有名なドン・マシーノが主役です‼️。

マフィア同士の抗争の中、ブラジルに移住したドン・マシーノが麻薬取引で逮捕され、イタリアに追放される。

そして息子がマフィアの友人に殺されたと知らされて、判事にマフィア壊滅の手助けをするストーリー。

だけど、映画では判事に協力した後で、息子が友人に殺された事を知る展開になってた。

それにドン・マシーノといえば、殺し屋で有名だけど、そんな印象が前面には出されずに、良識ある一般人の様にも思えてしまう内容でした。

判事が高速道路で爆死されるシーンは凄かった‼️
車内のカメラで撮影する斬新なシーンです。

2時間30分の上映は、途中に不要なシーンも多かった。ストーリーは面白いので、30分削って、テンボ良く纏められたら良かったのに。

シチリアには、シチリア語っていうのがあって、イタリア語とは違うんだね。
新たな発見をして、またイタリアに行きたくなった。