エターナルズの作品情報・感想・評価・動画配信

エターナルズ2021年製作の映画)

Eternals

上映日:2021年11月05日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「エターナルズ」に投稿された感想・評価

アンジーかっこよ!

このレビューはネタバレを含みます

ビミョ〜
ところどころ挟まるコメディとか人智を超えた力を持つエターナルズが人生をエンジョイしてるシーンは全部おもしろいけどメインのストーリーが全部ピンと来なくて通り抜けていく感じだ

最初はいきなりメンバーが沢山いるからかなあと思ったけどでもGOGとかは面白かったしなあ…
なんか登場人物のレイヤーが全部上すぎるので「勝手にやれば……?」ってなっちゃうんだよな 知らね〜

でもキンゴやファストスはすごく気に入ったしマ・ドンソクもよかった。「btsもカメオ決まってたのに!」がこの映画でいちばん面白かったところかもしれない

ブラックナイト出そうなのは結構うれしいけどエロスは別に全然うれしくないな……地味だ……
結局ディズニーというかマーベルはアジア人バカにしとるよな。ダイバーシティだらけの映画だけど脚本ウンコやし、クロエジャオの映像キレイだけどらしさは欠片もないし。
 七面倒な設定ダサドラマを永遠見せられてた気分だが、ここからどうやって話がくっついて来るかだね。単体映画としては引くほどつまらない。

 マブリーに失礼です。
懸念していたけれど、クロエジャオとヒーロー映画の相性は最悪。。
コレジャナイ感というか、違和感というか。
エターナルズは壮大なヒーローなので、個人的にはストレートに表現してほしかった。

神格化のメタファーとして、クロエジャオ特有の殺風景な背景であえて対比的に壮大さを映し出すのはいいとしても、その作家性がかえって陳腐に感じちゃったし、風呂敷が広がりきらなかった印象もある。というか、その演出が浮きまくってる。VFXが違和感しかない。
ヴィランと読んでいいのかもわからないくらい神秘的な相手との対峙だったからこそ、ストレートなヒーロー映画にしたほうが好みでしたね。
マッカリかわいい
神みたいな存在やのに愛情で選択左右されるんかい
アクションは良かったし俳優陣もいいし、なんだけど、もうちょっとSFしてくれるのかと思ったらなんか尻すぼみで終わった感というか終わってないというか……うーーん、不完全燃焼。
ます

ますの感想・評価

3.5
次回に期待
土屋

土屋の感想・評価

3.0
太古の昔より地球の平和を見守ってきたヒーロー集団はしばらく前に役目を終えて平穏な日々を送っていたがエンドゲームの影響で活発化した闇の勢力に立ち向かうことに。既視感のあるテーマの寄せ集めでMCUの世界観も活かしきれていない感じ。
shitpie

shitpieの感想・評価

3.0
そんなに人間が好きになったのか、エターナルズ。

めちゃくちゃクロエ・ジャオの映画だった。人物の撮り方、風景、編集の心地よいテンポ……。完全にクロエ・ジャオのドラマ映画のつくりかただからこそ、「アクションに興味がない監督が撮った映画」とか言われてしまうのだろう(アクション、他の MCU 作品にはない感じで、よかったけれど)。あと、めちゃくちゃ『幽☆遊☆白書』だし、『サイボーグ 009 』とか『鋼の錬金術』とかああいう感じだし、『エヴァ』でもある。アメコミと日本の漫画/アニメを足して割らない感じ。

原爆の描写とかは、ものすごいと思う。あと、まさかボリウッドが飛び出すとは!

その一方で、完全に人類を超越してしまっている存在である宇宙規模のエターナルズやセレスティアルズの物語になったことで、「神々」の話しになってしまったことは、しかたがない。だって、コミックがそういうものなのだから。とはいえ、やっぱりそれを MCU の映画として見せるのであれば、人間、人類をモブではなくて、エターナルズとの関わりの中で描くべきだっただろう。人類が置き去りにされすぎているので、ああ、そうですかと、映画にのめりこんでいる途中でも、妙に冷静になってしまう。「神々」の悩みや痴話喧嘩、内輪揉めを見せられても……。まあ、そういうものなんだけれど。

俳優たちは、キャスティングを含めて素晴らしい(アンジェリーナ・ジョリーだけ、あまりにも「神」っぽすぎるけれど)。リチャード・マデンは最初からヴィランっぽい。致命的なのはジェマ・チャンについてで、彼女はすごく魅力的な俳優なのに、それが活かされていない。脚本の問題だろうけれど、彼女のドラマはまったく物語を牽引するものではないし、終始困り顔で空気みたいだ。群像劇だからこそ、主演であるところのジェマ・チャンをもっと引き立ててあげるべきだった。なぜ彼女が特別なのかも、よくわからないし。他のキャクターの方が、ずっと立っている。クロエ・ジャオの演出もあいまって、スーパーヒーロー映画としては、興奮してのめりこんだり、ひきこまれたりできない、淡々とした、のっぺりとした映画になってしまっている。

かといって、一概に否定できない映画だし、それほどまでに悪いものだとは思わないけれど、批評的には大惨敗。 MCU 史上、もっとも受け入れられなかった作品になってしまった。クロエ・ジャオのキャリアには大打撃だろう。それが残念でならない。当然彼女がメガホンを取ることはないとしても、こんなに失敗して、本当に続編がつくられるのだろうか? あまり続編を見たいとは思えなかった。

っていうか、ハリー・スタイルズ!

それと、 1970 年代のロックの名曲をつかうあれ、もう飽きた。『エターナルズ』のつかいかた、ぜんぜんよくない。あと、ディズニープラスの字幕やタイトルロゴが日本語になってるの、噂どおりひどい。
MCU 26作目
ギルガメッシュとセナのコンビが好き あとセナのスーツカッコよくて可愛い

何世紀も生きてる上に自分らが誕生した意味が思ってたんと違うってなったら辛いなあ

面白かったんだけど住んでる世界が違う?全員が超人的すぎ?からか分からないけどちょっと没入できなかった感はある
>|

あなたにおすすめの記事