エターナルズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

エターナルズ2021年製作の映画)

Eternals

上映日:2021年11月05日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

あらすじ

「エターナルズ」に投稿された感想・評価

ヨシ

ヨシの感想・評価

4.4
世界観に置いてかれる感じはあったけど、それも込みで楽しい。
まなみ

まなみの感想・評価

3.9
映像がすごい綺麗でよかったけど、私にはちょっと話が難しかったし情報量が多かったしで1回では理解しきれなかった。感情移入するにはキャラが多すぎた気がする。
TERUTERU

TERUTERUの感想・評価

4.2

[ Eternals / エ タ ― ナ ル ズ ]


創造主、
私たち人間を作った者が存在した。
だが人間を蝕む生物が誕生した。
その為に人間を護る者達を生んだ。

すべてはある創造主によって。

人間を護る意味とは。


――――――――――――――――――――――――

♢ フェーズ4 -3作目- ♢

『エターナルズ』

まず、一言いうのであればスケールが急にぶっ飛びましたね。

前作の『シャン・チー』では最強の格闘を披露しつつ、地球には別世界の入り口があるよと謎の空間と共にファンタジーの世界観を堪能しましたね。

そして今回、
今までなかったようなMARVEL作品きっての美しい海や自然をバックに、ある古来から存在し続けるヒーローの現在に生きる物語が始まる。

一言でいうなら、MARVEL創造神話

世界ってそうやってできたんだね!あったあったそんな絵!教科書にでるぞ!


まー物語うんぬん、ただ自然の映像美を観るだけで映画を楽しめてしまうのは私だけでしょうか。今年のアカデミー賞監督賞を獲得した“クロエ・ジャオ”監督、その実力は紛れもなく本物です。ヒーロー映画でこんなに心落ち着くようなのは初めてな気もするくらい監督の偉大さは感じました。
また今作のヒーロー達の切ない感情を抱いている辺り、自然との背景のマッチ度合いは完璧でした。感動の作り方ってセリフや行動だけでなくバックの背景も重要なんだと改めて感じる作品でしたね、もう映画館のIMAXで鑑賞して幸せでした。はい。✨


予想していた原作の物語とは違う様であっている様で。もちろん原作と違うから批判とかはないのだが、エターナルズの人数に性別が違う様で…みんな知っといて「エイジャック」は男だよ。。。
個人的にはDCの『WATCHMEN』を神話にした様な話と言ったら分かりやすいのでしょうか。ただひたすらに本編にてDCの事を連発するエターナルズの方々。監督はDCが好きなのでしょうか。とりあえずMARVELの世界にDCコミックスが存在するのは確かなようです。

「バットマンのアルフレッドか?」byギルガメッシュ
ちなみに、ファストスの部屋には『スター・ウォーズ』の塗り絵もあるそうです。


話すと長くなりそうなのでこの辺で後は簡単に、
・キャストがどんどん素晴らしい事に、今後のキャラにも当ご期待、ある意味豪華キャストのアッセンブル作品。MARVELオカネモチ…ゴホゴホ😶‍🌫️

・“ハリー・スタイルズ”加入おめでとう。このキャラ特に好き。

・“パットン・オズワルド”加入おめでとう(声のみ)。このキャラは重要よ。

・“キット・ハリトン”加入おめでとう。モブかと思ってた、『ブラックナイト』待ってます。

・とんでもないストーリーが始まる予感。ポストクレジットにて剣を取ろうとした時の「デイン」に話しかけた声の正体。“マハーシャラ・アリ”とまで言っておこう。魔剣伝説の時は近い⚔

・“ジェンマ・チャン”MARVELへおかえり。『キャプテン・マーベル』以来だね。


今後のMARVEL作品に期待が高まるばかり、もちろん『ヴェノム』も観に行くぞ✨


2021/№051
Tokiya

Tokiyaの感想・評価

5.0
最高だった!!

今までのMCUシリーズとはまた全然違う雰囲気で、、、言葉が出ん!
仁

仁の感想・評価

3.9
MCU熱冷めまくりマンかつ『ノマドランド』ハマらなかった民なので不安だったけど予想に反して楽しめた。全体的にスーパーヒーロー映画然としていない体温が心地いい。

オープニングロールが思いっきり『ブレードランナー』のオマージュでテンション上がった。今思えばエターナルズの出自のヒントにもなっているようで面白い。

しかし彼らが最終的に選んだ道は素直に同意できない。きっと地球が生まれる前に存在した星も地球と同じぐらい素晴らしい星だったはずだから。地球だけが特別なわけがない。いや僕は地球人だから生きたいけど、そういう次元の話ではないですよね?もうこういう理由で滅ぶんやったらしゃーないすよ。

ところで鑑賞後満足してTwitterで感想調べたのは間違いだった...多様性がノイズに感じる人、映画観るのに向いてないよ。
kaeru

kaeruの感想・評価

4.2
■総評
壮大、しかし人間らしいニューヒーローの物語!
観賞前は、予告から神々しいエターナルズの面々が古代から人間をどう陰ながらささえてきたかを描く叙事詩的な物語を想像していましたが、観てみるとそういう側面も多少ありますが、どちらかというとエターナルズは人間らしい面が多く、その人間らしさから物語を展開していく流れで楽しく見れました。映像も迫力満点、アクションも一人一人個性があり、冒頭からぐっと惹き付けられ、そのまま楽しく見れました。批判的な描写も多いようですが、それを含めていい作品かなと思いました。
■良かった点
エターナルズとしてセレスティアルズらミッションを受けた彼らが人間生活に干渉していく過程で各々に人間への考え方が変わっていていき、そして人間と長く関わったことで人間らしくなっていく様子がいい塩梅で描かれていたかと思います。愛、忠誠心、嫉妬、、、実に人間らしくそこをしっかり描写してくれたおかげで、キャラが魅力的に感じました。また同性愛や聴覚障害など、多様性を意識した描写も無理やり入れ込んできたなという感覚は私は持ちませんでした。完全な存在ではないからこそ多様性があり、そこも含めて人間らしさが表現されていて、よかったと感じました。あれだけの新キャラがいて、印象に残らないキャラがいないのはその人間描写にフォーカスしてくれたおかげかなと。
加えて戦闘描写もカッコいいですね!金色の線の描写がキレイだし、神々しさも感じました。いいですね!
内輪揉めがーみたいレビューもよく見かけますが、そりゃアベンジャーズもやん!ってかんじです。笑 チームの頭数が多くなれば、思考並列化でもしない限り、理念や信念が個々で強ければ強いほど、そりゃ、揉めます。って個人的には思う次第です。
■気になった点
もっと神々しい音楽を期待してたので、そこが一点、あとついてきた人間の人にもう少し役割がほしかったかなー。
まぁあと強いていうなら、理解力が足りなかったのか、気になる点がいくつか。
セルシの木に変える力は結局なんだったのか理解できなかったですね。○○マインド実施前だしなぁ。。。
あとサノス指パッチンは、セレスティアルズからしたら邪魔だろうし、そこは干渉しないのかぁとか。
まーなんか色々事情があるんでしょう!くらいの気持ちで割りきれるくらいの感覚だったので、あまりマイナスには感じてはいません。

あとは、他の映画との体感の面白さで相対的に点数鑑みてこの評価ですね。
ともかく、大画面でみたい迫力満点の映画でした。あとわすがですが、是非IMAXで!
FireFox917

FireFox917の感想・評価

3.7
アベンジャーズに続く新たなるヒーロー達の登場。

まあ、MCUの時系列的にはエターナルズの方が遥かに古参な訳で。
とにかく、最近の多様性を意識し過ぎた演出で、少しストーリーがボヤけた感じがありました。

第一始祖民的なストーリーは好きですが、エターナルズの立ち位置がかなり物悲しいです。
第一天界人の意思に背いたエターナルズと人類、いや地球のすべての生命体はこの先、大丈夫なのか。かなり心配です。

アクションはありますが、ディヴィアンツが強すぎるためか、エターナルズの強さが今ひとつ分かりませんでした。

やっぱり、新しいヒーローは数人に絞ったほうがストーリーに集中出来て楽しめますね。

アンジェリーナ・ジョリーやマ・ドンソク等の主役級を揃えたキャスティングですが、セルシ役のジェンマ・チャンがチャーミングで良かったです!

このレビューはネタバレを含みます

スクールドラマに宇宙ぶっこみました。

みたいな感じでした。
アテナとかイカロスとか出てくるから、ちょっとパロディみもあるカオスな様相。
こんなもだもだしたマーベル初めて…!

宇宙だし謎理論多発でもいいんですけど、主人公たちが必要以上に人間くさすぎて、ご都合主義にしか思えませんでした。
しかもなんか…
大人じゃなくて学生っぽい。
サークルの内輪揉めっぽい。

せっかく宇宙なんだから、細かいこと言ってないでかっ飛ばして欲しかった。
これからの展開が心配です…
大丈夫なんかなこのグループは
アンジー&マ・ドンソクのコンビが意外と違和感なくてびっくり。マ・ドンソクの格闘スタイル、髪型、ヒゲがいつもと変わらず嬉しい。
が、物語半ばで退場するのは、どうしてもポリコレを意識した配役だけで役割を全うせんとする姿勢が透けて見えた気がしました(考えすぎ)

アクションシーンも序盤、中盤、終盤と暗い。昨今の潮流かもしれないが、いい加減明るいところで見たい。
砂浜決戦も晴天だったので、「お!これは!」と思ったら、アンジーと一緒に洞穴ファイト。ぐぬぬ。

良いところも沢山あったはずなんだけど、あまり思い出せない、そんな映画。

嫌いじゃないんだけど。あと長すぎる。。
chip

chipの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

紀元前5000年から!!
これまで7000年も地球を守ってくれている
スーパーヒーロー10人、
エターナルズ!

その壮大なストーリー

これは映画館のスクリーンで観るべきと
足を運びましたが…

今までのMCUとは直接交わらない話だとわかっていても…
「エンドゲーム」での最高の結末に感動した私は、
それほど入り込めなかったです、残念。。
「X-メン」のサイクロップスみたいに、目から強力なエネルギーのビームを出すキャラクターや
「ドラゴンボール」のかめはめ波みたいなワザを使うキャラクターがいましたね~
でも、魅力を感じるキャラクターがはあまりいなかった、
途中で仲間割れするし..
クールなコーガン君は良かったです、
きっと私も心を操られてしまうな~笑
聴覚障害をもつキャラクターを演じたローレン・リドロフは、
自身も生まれつき耳が不自由な方。
「サウンド・オブ・メタル」でも「ウオーキングデッド」でも
聴覚障害をもつ役を演じています、
彼女の温かい雰囲気がとても好きです。


エンドロールの途中のオマケシーンがとても気になります~
え?サノスの弟エロスが出るの?
普通の人間であるはずのセルシの彼の秘密って??


なんだかんだ…😅
次のエターナルズも
きっと映画館で観るんだろうな~

あなたにおすすめの記事

似ている作品