エターナルズの作品情報・感想・評価 - 875ページ目

エターナルズ2021年製作の映画)

Eternals

上映日:2021年11月05日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

あらすじ

「エターナルズ」に投稿された感想・評価

マーベル作品全然観てないけど、クロエジャオ監督で気になったのとアンジー目当てで観賞
規模がデカい、とにかくかっこいいわ
マブリーも良かったしそれぞれキャラが良かった、次回も楽しみ
アンジーまじかっこいい
nobuo

nobuoの感想・評価

3.7
MCU最新作の群像劇SFアクション。新規登場ヒーローの問題を解決しつつ仲間集めをする流れは「アベンジャーズ」よりも「ジャスティスリーグ」、特にスナイダーカットに近いものがある。
本作を一緒に観た友人から「最近のMCUは基本的に“機能不全の家族を描いた物語”だよな。その点エターナルズは滅茶苦茶良かった」と言われた。俺にはその目線が欠けていたので、二度目を観る際は注意したい。

以下、鑑賞直後の所見
●モブ描写が少ないのはコロナ禍の影響?明らかに感染対策に苦慮した跡が見えた。
●クロエ監督、DCユニバース(ヘンリーカヴィル版スーパーマン)意識してる?
●日本人としては“あの日あの時”のシーンで民間人出して欲しかった。「○゛○゛○゛...」の声が聴こえぬ程の無人感はいただけない。
●アンジー姉貴の当たり役誕生!
●マ・ドンソクは完全にマ・ドンソクとして出演。いつ「ドン・リー」に改名したの?
●久々にデカいモノ描写のスケール感で驚かされた。IMAXだと迫力が凄かったことだろう。
●回想シーンの挟み方は少々雑かな...。
邪澄n

邪澄nの感想・評価

4.3
7000年前にセレスティアルズ“アリシェム”の命により地球に降り立ったエターナルズは、ディヴィアンツの脅威から人類を守りつつ、文明を発展させ何世紀にもわたり人々を愛し見守ってきた。
そしてティヴィアンツの脅威は時を超えた現代にも牙を剥き始めていた。
セルシとスプライト、そして危機を知り駆けつけたイカリス達はエターナルズを再集結させるのだが…。
そこには恐るべき真実が隠されていた。

今作は、今までのMARVEL作品の中で極めて異質な作品になっている。
公開前から新規の登場人物が多い為に一抹の不安を抱いている人も多く見受けられたが、鑑賞してみてそれが杞憂だったことがわかった。
登場人物一人一人の描かれ方がとても丁寧で、なおかつそれぞれが持っている葛藤やそれを支える他のキャラクターの心情もしっかり複雑になりすぎない程度に盛り込まれていたので、160分弱という長尺の映画の割にその長さを一切感じさせない作りになっていた。

ノマドランドでその才能を余すことなく発揮したクロエ・ジャオ監督だからこそ、風景の切り取り方や、それぞれが持つ雰囲気を最大限に活かす事ができたのだと思う。
また、今までのMARVEL作品では取り扱われてこなかった聴覚障害を持ったヒーローや同性愛のヒーローなども登場し、そして何より直接的なラブシーンをも盛り込んでくる監督の大胆さが細部まで作り込まれた映画なんだと感じさせてくれる。

ミッドクレジットで明かされる登場人物の正体は、原作を知っている人なら大体予想はついていただろうが、ポストクレジットにて登場するキャラクターには度肝を抜いた。まさかの人物が出てきてしまって、正直今までのMARVEL作品の中で1番衝撃的なキャラクターだったかもしれない。
それはきっと続編にて描かれるのだろう。
必ず見届けなければならない。
あべ

あべの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

クロエ・ジャオが手がける大作SFとして楽しめた部分がめちゃくちゃあった。この人の真骨頂たる人への愛と寄り添い。神々しさまである美しさ。ただやっぱりエターナルズの設定自体なかなか受け入れがたいものがあった、うーん。でも全体的には良かった。

もうなんかお話が壮大すぎてなあ。こいつらほんとに7000年も生きてんのかよ。人類の進化こいつらに導かれてたんだ...。いや別にエターナルズの面々が嫌いというわけでもなく、むしろ一作だけでかなり好きになったけど7000年も生きといてそれ!?というがっかりさ。7000年だぜ?もっと人間を超越しててほしかったんだが。なんで私だけ子供なの...とか悩んでたけどさあ7000年もあったんだからもういいだろ。
とか思ってたけどこんなに人間くさいのは彼らが人と触れ合い人間性を獲得したがゆえのことだったのかな、とも。でもそこに至る過程を見せてよー!と思う。彼らが創造主に歯向かうまでに人間を愛するようになった過程、人間性を獲得していった過程、そこを描いた積み重ねの上であの決戦だろ。やりたいことはわかるけどしっかり上手くいってない気がすんだよな。

とにかく初っ端から人間としてあまりに上手く描きすぎたがゆえに、非人間であり悠久の時を過ごしてきたという設定との齟齬に違和感を感じてしまった、という感じ。

めっちゃ不満たらたらに書いてしまったけど期待しすぎたせいかも。やはりクロエ・ジャオは大好きです。被造物が愛に目覚め創造主に歯向かうという大好きなやつだったし。
セナとギルガメッシュのコンビ好き。
もえ

もえの感想・評価

3.8
ポリコレ意識しすぎて、空回りしてると思った箇所が何個かあった
しっとりしてた。
初回やからか、アベンジャーズと比べると真面目に話が進む。軽いギャグはある。
時代にあった、めちゃくちゃ多様性のあるメンバー。

岩を水に変える緑ちゃん、ポカホンタス系の顔ですごく可愛い!大好き!

青い目玉ビームのお兄ちゃんは、スーパーマンにしか見えへん。
クラークって呼ぼうか?ってセリフに、もうそれでええでって思った。
てかこの世界線にスーパーマンおるんや、ほんならサノスの時手伝えよスーパーマン。
青姦で笑った。

走るの速いちゃん、
好き好きマンがやられたら
すんごい速さで目玉ビームのことボコボコにしてて可愛かった!
だいぶ好きやん!
アベンジャーズのワンダちゃん然り、男奪われてブチギレた女は怖い、強い。


アンジースピってて良い。

正直、クロエジャオ監督の抜擢はミスったな。と思った。

次回作からギャグ増えそうで楽しみ〜他作品とどうクロスオーバーさせていくのかな〜早く〜!
70年代少女漫画SFの趣があって楽しかったし切なかったし泣いた。発明が得意な彼が嘆くシーンは涙を我慢できなかった。

アクション(と時々スーツの質感や画面の色の暗さ)にはマーベルを感じたけど、広大な景色にぽつんと佇む人の絵の強さや映像の神秘的な雰囲気は今までにないもので、あまりマーベルを感じずに楽しめた。人数多いのに個々の苦悩や喜びを見せるのうまい…不完全燃焼やどうして…!(個人的惜しさ)な部分もあったのに最終的にここまでアガれるんなら上出来。
他作品と絡むとかより普通に彼らの今後がめちゃくちゃ気になる。続編はやく観たい。

ただダンスのキレが足りないシーンは不満(笑うところ)
あとこの人めっちゃ美人と思うとアンジー現象がまた起きた。エンドロールでびっくりするのやめたい(今年二度目)

このレビューはネタバレを含みます

最高……

特にアクションがやばい……。
以前のMCUにはない別次元のアクションが拝めて興奮が冷めきらない。

マッカリがいい……!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
高速移動で織り成すフルボッコシーンは大好き。
セナがいい……!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
穏やかで芯の強く脆い女が良い!!!!!!!ギルガメッシュの関係性が恋愛を伴わない家族的な愛が泣けた…
ギルガメッシュがいい……!!!!!!!!!!!!!!
俺が守るっ!って感じでもなく押し付けがましい守護者感ではない、優しく見守る保護者感がかっこいい…エプロンかわちぃ。
あたいもあたなのことは一生忘れません!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
イカリスがいい……!!!!!!!!!!!!!!
裏切りもんだけど、超強いし、鈍感男だけどアクションを大いに盛り上げてくれた。
最期かっこよすぎん……?????????
スプライトがいい……!!!!!!!!!!!!!!
見た目は子供だけど、中身は恋する乙女であり、成長に強い願望を持つ、明るそうに見えて実は一番辛い悩みを持っていて可哀想って感じ。。。
ファストスがいい……!!!!!!!!!!!!!!
大いなる計画を目の前に、俺は家族のために生きるって堂々と宣言したのがかっこよすぎた……ゲイの設定もいい……!!!!!!!!!!!!!!
セルシがいい……!!!!!!!!!!!!!!
主人公でいいよねっ。好きしか言えん。
最終的には暴力的な能力を持つものではなく、ヒールとかセルシのように優しめな能力の人がリーダーに落ち着くの好き。
セナとセルシ美しすぎだろ。
ちなみに女性陣べっぴんしかいません。マ・ドンソクはマ・ドンソクでした。
どのエターナルズも個性豊かで最高。
デーン・ウィットマンの今後がめちゃくちゃ楽しみ。
kazuya

kazuyaの感想・評価

4.4
ただただ美しかった。特に背景
これからアベンジャーズと関わってくるんだろうかっていうぐらい次元が違いすぎる
「ノマドランド」を観たくなった

あなたにおすすめの記事

似ている作品