プライベート・ライアンの作品情報・感想・評価

プライベート・ライアン1998年製作の映画)

SAVING PRIVATE RYAN

製作国:

上映時間:170分

ジャンル:

3.9

「プライベート・ライアン」に投稿された感想・評価

sor

sorの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

トム・ハンクスが好きで、名作ということもありずっと観たかった作品。
とにかくリアルで目を伏せたくなったが、知るべき事実だと思った。
最後の、負傷しながらもあんな小さい拳銃で戦車に発砲する場面は忘れられない。
震える手で立ち向かい、最後は震えの止まった手に涙が止まらなかった。
一生懸命生きるって当たり前だけどとても大事なことだと考えさせられた。
最初からノルマンディー上陸作戦時のオマハビーチでの戦闘の地獄絵図。バタバタ死んでいく兵士たち。酷い殺され方。悲哀。狂気。哀愁。憎悪。機械。気力。神経過敏。恐怖。勇気。無慈悲。ミラー大尉(トム・ハンクス)の人間力と統率力で隊を進めてく。最後まで地獄。頭グラグラする。後味悪い。
One for All,All for Oneということをバカにしてはいけない。それを除いたらリアル過ぎて作品どころではなかった。裏を返せば、現実の戦争の虚しさが分かる。それは吐き気を催すもの。
ミラー大尉の最期の言葉、「ムダにするな。しっかり生きろ。」が結局、分かってるようで分からない言葉。生き物は生かされてるんだから、それに報いなければならないということは本当そうなんだけど、それがどのように出来ているのかは一人一人違う。
戦争というものも最期の言葉にまつわるテーマも短い文章でまとめることは出来ない。判断出来ない事柄のなかで生きるしかない難しさというのは生きていて常にある。
yurie

yurieの感想・評価

4.2
・血
・一生分の銃声と爆発音聞いた気がする
・全人類がこれ観たら戦争なくなるんじゃないかな
・観た後に考えさせられる映画を作る人はすごいな
ロイ

ロイの感想・評価

-
衝撃的、あまり見たことない戦争映画で有名なこの映画をみたら、あまりのリアリティさとグロさにおもわず手に汗握る。
戦争を実感した気がした。
lipgroup

lipgroupの感想・評価

3.4
良くあるアメリカ主役映画。
ライアン二等兵の救出のために、他の人、死に過ぎ。これが賞をとるのか、、、
観たことあると思ってたらなかった衝撃。トムハンクスすげぇ、、空港に閉じ込められる映画の印象が強すぎてw名作だよね。感想はね、なんかすごかった。言葉にするの私には難しいw無駄のない強いメッセージをぶつけられ続けた感じ(?)臨場感と残酷さの表現が秀逸でした。
Masakazu

Masakazuの感想・評価

5.0
最初の上陸作戦は絶望しか感じられないほどリアルで悲惨なものだった。
次々に仲間が死んでいく様子は無慈悲でしかない。
v

vの感想・評価

3.7
カメラワークが本当に戦場にいるかのような緊張感と地獄を味わってる感がすごい。
しゅー

しゅーの感想・評価

4.2
最初の30分、、残酷すぎたけど、目が離せなかった、、

ミラー大尉が捕虜に撃たれた直後、迷いを捨ててその捕虜を撃ったアパムのシーンが一番心にきた

長いけどもう一度見たい
>|