おぎゃあ

ロシア52人虐殺犯/チカチーロのおぎゃあのレビュー・感想・評価

3.5
ソ連の殺人鬼アンドレイ・チカチーロによる連続殺人事件を扱ったテレビ映画。
この映画の原作である「子供たちは森に消えた」を読んだことから、以前にこの映画を鑑賞した。
映画ではチカチーロの生い立ちなどにはあまり触れず、警察側の視点で物語は進んでいく。
このあたりは「チャイルド44」と同じだ。
テレビ映画とはいえ、スティーヴン・レイ、ドナルド・サザーランドなど、キャストもしっかりしている。
またいつかチカチーロを題材にした映画があるとしたら、チカチーロ役はマイケル・キートンにやってもらいたい。
ソックリだろ。