みっちょむ

男と女 人生最良の日々のみっちょむのレビュー・感想・評価

男と女 人生最良の日々(2019年製作の映画)
4.0
「男と女Ⅱ」を観ていなかったし、1966の「男と女」があまりにもカッコよかったので年老いた2人を見るのが正直不安だった。
ジャン・ルイはとても歳をとってしまって最初のシーンは少し哀しくなってしまった。あのアップの長回しは涙を堪えるのに苦労した。しかし話はじめると相変わらずの口が達者で粋なままでホッとした。
アンヌはジャン・ルイと別れてからの豊かな人生を物語るように懐の深い女性になっていた。
歳をとるのも悪く無い、そう思えるラストだった。
しかし、所々で挟まれる若き日の2人や赤信号を無視してパリの街を車で疾走する映像をみているとせつなくなった。まだ老いる事を諦めきれない。そんな気持ちにもなった。もう30年後にみると違うのかな…。