星空文乃ぶんぶん

家なき子 希望の歌声の星空文乃ぶんぶんのレビュー・感想・評価

家なき子 希望の歌声(2018年製作の映画)
3.5
普通にミゲル君思い出した。
ミゲル君とおじいさんと犬と猿による冒険。
ミゲル君の「しょ~しゅ~りき~」をもっと聴きたかった。
おじいさんがとてもいい人でしたね。
犬も狼に立ち向かう姿が勇敢でした。
猿は癒しでした。
観てる内に結末も何となく分かってきてしまいますが、個人的にはまあまあ楽しめました。

2022年152本目。

他のユーザーの感想・評価

世界名作アニメ劇場の全部を詰め込んだ作品って感じ。アニメでは、ないけどね。

素敵な場所で衣装・小物・装飾品が完璧でとにかく画が綺麗👏🏻

🎥★★★★★
2022-296本目

古くから名作と言われ、さまざまな時代の、たくさんの人に愛されてきた作品。
それのもつ力を混じりっ気なしで、正統派、王道に作って、感じさせてくれる作品でした。

子供から大人まで楽しめると思います。

自分も児童文学の中でもすごく好きで、何度も読んだ家なき子。

親方の温かさ、動物たちの愛くるしさ、そして旅=冒険の要素もあり、ワクワクしたのを思い出しました。

大人になったので、この作品の景色だったり衣装だったり、重厚な演技や音楽、背景、小道具の素晴らしさ、美しさなどもすごく楽しめました。

年末のゆっくりとした時に、お正月の少しテレビに飽きた時に、ご家族でご覧になるのもいいかと思いました!
まだ見てない方、ぜひぜひのおすすめです
キレイな子、綺麗なお洋服。
筋は普通のいつもの「家なき子」で、「希望の歌声」に期待して見進めたが、え、これだけ?って感じ。歌で成功したのはラストの壁にかかってるポスターでわかったが、歌ってるところを聞きたかった〜‼️消化不良〜〜:;(っ>~<c);:

おやすみなさいは、朝?明るい。

服がキレイすぎとか、子供が可愛すぎとか、ラストから現在まで端折りすぎ、わかりやすすぎとか、文字も読めないのに楽譜が読めるのかとか、その辺はまあいいです。映画なので。とにかく、タイトルに「希望の歌声」とあるので、ちゃんと聞かせて欲しかった。
odyss

odyssの感想・評価

3.0
【原作の無理な変更が後半の不出来につながる】

昔懐かしい『家なき子』の実写映画化、となれば見に行かないわけにはいきません。(私が昔懐かしい、というのは日本アニメではなく、フランス文学である原作を小学生向けにリライトした小説のことです。)
私の住む地方都市では吹替版しか上映していないので、そちらで鑑賞。

途中までは、原作との多少の設定変更があってもあまり気にならなかったのですが、ラスト近くになると、設定変更の無理がこの映画の出来栄えそのものに関わってくるのだ、と痛感させられました。

最も問題なのは、原作のリーズを、アーサーの代わりにしちゃったことですね。
これによって、主人公レミの本当の母親が誰なのか、という基本的な構図が変更を余儀なくされてしまう。
なぜならリーズはレミの妻になることがあらかじめ決まっているのだから、リーズをアーサーの代わりにしちゃったら、レミの母親も別人にしなくてはならない。

でも、それって、本質的に貴種流離譚であるこの原作を変更することになるんですよね。

だから、ラストあたりのまとめ方が説得性を欠くのは当然のことなのです。
まあ、ドリスコルにレミが引き取られた後の、ヴィタリス親方の、「これって、活劇映画だったの?」と言いたくなるような活躍ぶりも、無理目なんですけどね。

あと、原作のマチアが出てこない代わりに、レミの歌の才能が前面に出ているのだけれど、これって無理じゃないですかね? だってレミは作品当初で10歳、まだ変声期を迎えていない男の子なんです。変声期をへたあと、どういう声になるかは分からないじゃないですか。それだけじゃなく、作中でレミが歌を歌って聴衆を魅了するシーンが圧倒的に不足している。

というわけで、後半は色々文句を言いたいところがあって、前半の調子が維持できなかったのが残念。
ぽむ

ぽむの感想・評価

4.0
素敵なお話だった。ときどき悪い人が出てくるから胸が苦しくなった。男の子の歌声がタイトルにもある通り素敵なのでもっと聴かせてほしかったな~。
LIVERPOOL

LIVERPOOLの感想・評価

3.9
綺麗な歌声と純粋さを持った出生から不遇な少年。
不信感しかない旅芸人の老人と出会い、生きることの自由さと想いの繋がりを知る。
大切な人との出会い。
境遇の真実。
邦題の胡散臭さがぶっ飛ぶ程のホットムービー。
親方のストーリーも重厚でギャップをもたらしてくれる点も良い。
幸薄い美しい少年から、いっきに幸せそうなおじいさんへ。いい人たちに出会えてよかった
同情するなら金をくれ

的などろどろした刺激的な内容ではなく児童文学的な優しい作品です。ダイジェスト版のような大雑把感はありますがサクッと解りやすい感動も。
omochichi

omochichiの感想・評価

3.7
お話の冒頭からファンタジーの入り方でわくわくしたけれど、童話のお話は知りませんでした

育ててくれたお母さんも、拾ってくれたおじいさんも優しい人でレミの人生でほんとうに大事な人達。

心ない人や苦しい状況も出てくるけれどその時は誰かが助けてくれる。人に助けてもらった優しさを誰かにまた渡してあげれる生き方をしたいな
Hipo

Hipoの感想・評価

3.6
暖かくて純粋で美しい。
繋がれる命、愛。記憶と音楽、血の繋がりの愛も繋がらないでも生まれる愛も。
情景もとても良かった。
「家なき子 希望の歌声」の感想・評価を全て見る

星空文乃ぶんぶんさんが書いた他の作品のレビュー

ゾッキ(2021年製作の映画)

3.2

これ吉岡里帆と鈴木福君が主役だと思って観たんだが、森優作ってあまり知らない俳優さんがだいぶ主役級の作品になってた。
お姉さんのパンツのやり取りは面白かった。
満島真之介とか最初だけだったし。
他キャス
>>続きを読む

サマリア(2004年製作の映画)

3.5

キム・ギドク監督作品。
予想していたのとは違った方向へ行った。
パッケージの二人がメインと思いきや、片方がアレになり、片方の父親がアレしてしまうという。
今年流行りのアレ?な展開に。
援助交際とか普通
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

3.6

自分で映画を制作してみようって気持ちにさせられる作品だった。
学生の頃、映画部とやらはひっそりとあったけれど、その頃映画とは無縁の道を歩んでいたので、これ観たら「あー学生の頃映画好きだったらよかったの
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ103(2023年製作の映画)

3.4

自宅潜入取材、許可頂いたとはいえ、襖の開け方とかサーキュレーター倒したりとか、もう少し気を付けたほうがいいと思った。
一応住人居るんだし、廃墟ではないのだから。
投稿映像含め、全編通して悪い内容じゃな
>>続きを読む

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

3.8

チャイルドプレイ的な人形ホラーを予想してしまうのだけど、設定も現代風に為されていてかなり新鮮な人形ホラーとなっていた。
ミーガンは決して悪い子ではなかったと思う。
使い方次第でめちゃくちゃ重宝されそう
>>続きを読む

#マンホール(2023年製作の映画)

3.5

中島裕翔がマンホールの中に転落してただ必死に助けを求めるだけの作品じゃなかった。
ワンシチュエーションホラーでなかったのが最大限に評価できるところだと感じた。
まず転落して意識が戻った後、助けを求める
>>続きを読む