Nothing Bad Can Happen(英題)の作品情報・感想・評価

Nothing Bad Can Happen(英題)2013年製作の映画)

Tore tanzt/Nothing Bad Can Happen

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.5

「Nothing Bad Can Happen(英題)」に投稿された感想・評価

Cem

Cemの感想・評価

5.0
第1章: 信仰、第2章: 愛、第3章: 希望
と3章からなっていて、愛も希望も何もなし!そこにあるのは残酷のみ

クリスチャンの主人公はある家族と出会い、どんなに酷く辛いことされても「これは神様からの試練だ!」と最後まで信仰を捨てない。
信仰や希望があるから主人公は最後まで逃げない、天使のような見た目で子供のような純粋さがある主人公。だからこそ残酷な仕打ちが哀しすぎるし目を背けたくなる。
絶望の中、「神はどこにいる?」と言うクソ親父
「ここにいる」と最後まで神を信じる主人公に泣けた
書ききれないほど辛いことばかり、グロゴア描写とかはないけど精神的にきた。個人的に一生忘れることはない作品。オールタイムベスト
え、エンドロールが、、、上から!?

神はここにいる