音楽の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

音楽2019年製作の映画)

上映日:2020年01月11日

製作国:

上映時間:71分

ジャンル:

あらすじ

「音楽」に投稿された感想・評価

シヒロ

シヒロの感想・評価

3.6
風変わりな味わいのアニメでした。アニメーションとして粗さもある作品ですがその粗さも作中の主人公達にリンクして味に感じました。
シュールなギャグも笑えるし、グッと熱くなる演奏シーンも多々あるし。
ただ、ゆら帝の坂本さんは高校生の声じゃなかったです笑
ゆらゆら帝国の坂本慎太郎さんが声優してるだけでも面白いのに、思いつきでバンドを始めた三人の演奏があまりにも前衛的で笑った
中盤で登場するフォークトリオのサイドストーリーも飽きさせない
クライマックスのライブパートではシュールな笑いの先で謎の感動を味わえる
ぬし

ぬしの感想・評価

4.0
最初はあぁこのゆるーい雰囲気好きだなぁ
という感じだったが、後半ガツンとやられた。
~ビートルズも、キングクリムゾンも、アルフィーも、そして岡村靖幸さんも、誰もが抱いたサウンドの衝動を放つ手描き画~

大概の方は、自ずと財布の紐を固くする不得意分野がある事でしょう。クールジャパンと云われて久しいけれど、日本国民皆、切符を買って、アニメーション映画を見る訳ではないですが。

この全くもって、今の日本アニメの主流から外れた、不気味が和らぎ加減の妙な線画のキャラの71分映画を、特に、この時季、好んで見ないだろうけれど。それは、結構勿体ないと、言わせていただきます。

モテようだとか、デビューして世に出ようだとかの「煩悩」でなく、まさに、本当に、行きがかりから、高校の不良三人組が、バンドを始めて、誘われるがまま、町で開かれるロックフェスに出るまでを、起承転結のキッチリ引かれたレールを進むのではなく、三人組、特にリーダー格の研二の「心のまま」に進みながら、徐々に挿入される、演奏場面から、彼らの音楽への陶酔が、こちらにも次第に浸透して、クライマックスのフェス場面では、ロックバンドを扱った邦画では、かって、味わったことのない、プレイで、聴かせたい、声をあげたい、その原始的衝動が貫かれていて、薄っぺらなものでなく、熱が伝わって来る。

画像に上げた通りの絵柄でもって、当初は、妙に無言の間があくという、何か、アキ・カウリスマキ的な。それも、次第にリズムに代って。そして、三人が、楽器を持ち出すと、作画表現が、更に躍動してくる。楽器を扱う手つきから、演奏にのめり込むプレイヤーの髪の毛の揺れだとか、高揚してくる表情だとかの描写に、力が入って来る。

それと云うのも、本作が、一度実写で撮影してから、動きを手書きで写し起こす「ロトスコープ」という技法を用いているので、人間や背景の動きの臨場感が、際立ってくる。少人数、それも殆ど監督の手仕事らしい。7年掛て4万枚以上の作画による、デジタル処理による、ソフビ人形みたいな3D立体キャラクターを、CG背景に放つものが主流の中、途方もないアナログ作業の執念で、完成に漕ぎつけた。それだけに、作り手の原作、音楽への入れ込みの強さが、むき出しです。

メジャー作品の洗練されたCGアニメが、お客の顔を見て好みに合わせて作られた味の確かなディナーなら、本作は、俺流のお手製料理で、バタ臭い雑味も含んだ味わいだけれど、それに、統一感を添えて、キリッと風味を〆てくれるのが、ミュージシャン岡村靖幸さんの声の出演。専業声優でなきゃだめだとか抜かす輩も、ケチのつけようのない起用だった。あれは、ホンモノの表現者じゃなきゃ出来ないわ。かっちょええ~。
めっちゃ青春。森田くんのはっちゃけっぷりとか素敵だったなぁ。燃えながらも暑苦しくない感じがすごく好み。
音楽良かった〜。演奏の場面もとっても良い。
主人公の声優坂本慎太郎なのに歌がなくてびっくり!岡村靖幸の使い方は最高過ぎて笑った〜。
P

Pの感想・評価

3.6
今まで見たアニメーション作品のどれにも似ていない独特な新しさのある作品!

そこまですんごい展開はないんだけど、自分で楽器をもって初めて音がバーーンってでて、ウワ〜ってなる感覚とか、じぶんが楽器を始めた頃のワクワク感を思い出せた

手書きならではの粗さというか独特のブレ、演奏中の没入感の表現の仕方すき!他の題材で描いたらどうなるんだろうな
ゆーこ

ゆーこの感想・評価

4.3
音楽っていいなー。
みんなかわいい
明後日

明後日の感想・評価

3.1
なんだこれ

優しい色合い

優しい人間

マカロニ憲法とあやの歌は聴けない
>|