ジョアン・ジルベルトを探しての作品情報・感想・評価 - 4ページ目

上映館(13館)

ジョアン・ジルベルトを探して2018年製作の映画)

Where Are You, João Gilberto?

上映日:2019年08月24日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

「ジョアン・ジルベルトを探して」に投稿された感想・評価

鎖園

鎖園の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

『ジョアン・ジルベルトを探して』・・

などとタイトルにあっても

所詮本人には会えるわけがない・・



映画を観る前から

【軽い絶望】を映画観覧をする人たちはあらかじめ予期していて

そのとおり

「関係者」からの証言(それも「急にいなくなった」の一点張りで真新しい証言は皆無)



この映画の監督のモノローグ(ジルベルトの“唄”に合わせたかのように「柔らか」で「ボソボソ」な「お語り」)にZZzな意識瞑想にフェードイン・・




そのZZzな中でジルベルトの元カミさんの電話で本人とコンタクト取ってたんだねぇ〜・・

他レビューさんありがとう




前編ジルベルトの“匂い”は感じられるから

また音楽にも触れたくなるし

・・ただそれだけの映画かな




ジョアン・ジルベルトの長い長〜〜い右往左往(時間の無駄遣い)宣伝映画。
ボサノヴァの生みの親、ジョアン・ジルベルトに会うことを目指すドキュメンタリーフィルム。
同じくジョアンに会うことを願いながら、志半ばで命を絶ったマーク・フィッシャーという作家の痕跡を辿る旅でもありました。 「彼は人の形をした憧れだ」

ここまで頑なに人と会うことを拒み続けた天才の内面とは。美しいリオの街並みとボサノヴァの調べが…なんて歯の浮くような言葉がつい出てきてしまうほど、僕も「ジョアンの呪い」に感染してしまったのでしょうか。
field

fieldの感想・評価

3.2
ボサノヴァの神様ジョアン・ジルベルト。

楽曲のみしか知らなかったので家族にも知らせず雲隠れのような生活を晩年送ってた事自体が意外だった。彼が何故誰にも会わず暮らしているのか今何をしてるのか、マーク・フィッシャーの本を元に探すドキュメンタリー。出版直前に亡くなりテープレコーダーや写真、提供された数々の遺品からマークの追体験をするガショ監督、予め構成があって撮り始めたようだが探してくうちに本の題名にもなったオバララへのマークの想いに触発されたように思える。
決して伝記映画でもなく、コアなファンでもない監督が一個人を想う作品にどう感じるかは人其々だが、関係者や家族、交友のあったアーティストをインタビューする中でジョアンが人々に愛され音楽に愛されたと言うのが伝わる。
会話中の素振りは一見演技のように見えるがそうではないらしいと監督のインタビューで知り既にジョアンを伝説として受け止め過ぎてるのか彼の惹きつける魔法なのか。オバララ始め心地よい音が魔法に感じなくもない。所々出てくるレコードが嬉しい。
sidekick

sidekickの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

●料金1000円
●満席。心地良いボサノヴァの調べに隣の客はこちらに倒れんばかりに寝息を立てて爆睡。夫婦で来てたようだが、起こして上げないのね。かく言う私も寝落ち数回。
●ジョアン・ジルベルト会いたさに必死で色んな人にコンタクトを取っていた監督の目の前で元妻ミウシャが普通にジョアンと電話で会話。監督に取り次ごうともしない、その悪びれなさとその後の彼女の一言にわろたわ。
●このシーンでこの映画が茶番であることが明確になる。ジョアンと会えるかどうかは別にしても、居場所くらいは、その筋のプロを雇えば速攻で分かりそうなもの。
●ラストも生演奏というよりレコードに針を落としたように感じた。
tanzi

tanziの感想・評価

3.1
〇〇を探してというタイトルの作品はままあるけど、私はこれが初。‪本当に探します。
日本でマメにコンサートをしている印象があったので、探さなくてはならない人だったとは驚きです。

ジョアン・ジルベルト個人については何も知りませんでした。毎日同じメニューを同じ人に作らせて配達する人も別に決まっている、しかも配達はドアの前に。絶対に人と顔を合わせない徹底ぶりからも性格が垣間見えて興味深い。

アルバムを持っているのでその曲はかなり馴染みがあります。とにかく音楽がいい。そして単純なイメージにとどまらないブラジルの空気感がとても新鮮。
捜索自体淡々としているので愛着のようなものは前面に押し出されてないようにも思え、むしろ題材となった作家の熱量の方が高い気がしました。

ボサノヴァファンとしてはたまらんスターも出演。途中何度か寝てしまいましたが、あれらの曲に抱かれてしまっては不可抗力。
takomon

takomonの感想・評価

4.4
ボサノバは良く聞いていました。
私の中のブラジルはジョアンのボサノバです。
ライブにも行ったけど、どんな人かは全く。分からず。
どんな人だったのだろうか、探している人を通じてまわりにいる人から教わります。でも、ホントはよく分からない。。。笑。
日常は人が人を語るは信じないようにしていますが、ちょっと信じたくなります。
海外では去年公開されていたようですから、、、映画の存在はしっていたのかな。

久しぶりにパンフレット買いました。ちょっといいです。
日本との関わりを知れて、音楽関係者に敬意です。
まりん

まりんの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

何が有ってそうなったんだろう。
ファンや友の前から姿を消しちゃうミュージシャンに惚れると辛いな。求めて得られず、命を絶つ気持ち、解るよ…
憧れは甘美で残酷…って作中でも言っていたけど、お願いだからそんなご無体なことしないで欲しい。

探されたくない人を探すのは、残酷なのかもしれない。
でも、求めずにはいられない気持ちも解っちゃうんだな。
ジョアン・ジルベルトのファンが彼に会いたくてリオの街を探しまわる映画かと思いきや、それをしたドイツ人の手記をフランス生まれの監督が勝手に追体験するという、凄くへんなプロット。一見インタビュー・ドキュメンタリーの体裁だけれど、薄ら笑いで対応する出演者たちを見るにつけ、演出的要素がかなり強いのだと思う。

もちろん、ジョアンにはなかなか会えないのだけれど、いかにもドMな監督のニヤケ顔を見ていると、その状況を楽しんでいるように見え、なかなかキモい。たびたび出てくる無能なワトソンも、上映時間を長くしている原因。この怠惰こそがボサノヴァだ、サウダージだ、とわかったようなことを言って開き直っている感じが、ボッサファンの端くれとしては少しカチンときた。マルコス・ヴァーリの相変わらずのアニキ感に救われたけれど、全体的にリスペクトをあまり感じられない出来で残念。

シュレディンガーの猫のようなラストだけは妙に哲学的だったので、監督はコレがやりたかったんでしょうか。
hibiya1975

hibiya1975の感想・評価

1.0
対象(ジヨアン.ジルベルト)に対する愛や尊敬が微塵感じられないのがダメ。
「なんか映画になりそうな本があったから作ってみた」感じ。

全編に使われた音楽の権利はクリアしてるのか??
幼なじみだのマネージャーだの床屋だの元ミュージシャンが安いギャラにのせられて、嘘だか誠だか混じったようなお喋りを延々と続けます。最後のほうは耐えるのがやっとな感じ。早く終わってくんねえかなと。
自分の堪忍袋の強さテストだった。
これまでに見たドキュメンタリーでも最悪の部類。
これからドア越しでも会えるかも知れない人がもし自分にとって神様のようであった時ジーンズにスニーカーで行くか??アホくさ。 
ミュージシャンたいして「電話越しに唄ってくれ」って失礼にもほどがあらだろうが!
コレぐらいにしておこう。
ミルコ

ミルコの感想・評価

3.5
ジョアン・ジルベルトの生前に制作されたドキュメンタリー。結局晩年のジョアンは家族以外には会いたくなかった。映画としては明確なオチが欲しいところ。彼が姿を消しても人々に語り継がれ、歌われていく。