ゆめちん

リスペクトのゆめちんのレビュー・感想・評価

リスペクト(2021年製作の映画)
4.0
リスペクト
 
幼い頃から、天才と称される歌声で活躍していたアレサ・フランクリン。しかし輝かしい活躍の裏で、尊敬する父や愛する夫の束縛や裏切りに苦しみ、ぎりぎりまで追い詰められていた。
 
アレサ・フランクリンについて、あまり知識がないまま鑑賞したが、146分の長尺にしてはサクサクと話が進んでいくので、アレサ初心者の私には鑑賞しやすい作品だった。
アレサが様々な場所で歌うシーンはしっかりと楽しめたし、"これも彼女の曲だったのか" という発見もあり、作品を通じてその偉大さを改めて実感。

幼少期の性的虐待、複雑な家庭環境、DV夫との修羅場、アルコール依存など、彼女の波乱万丈な人生には驚いたが、歌うことで自己表現の場を見出し、歌を通して人々の心を解き放つことで、自身の心も救われたのかなと思う。
 
コロムビア時代のポピュラー音楽とアトランティックに移り原点回帰のゴスペル音楽で、曲の作り方の違いが面白い。特にセッションを重ねながら才能をぶつけ合い、ひとつの曲を作り上げていくシーンが深く印象に残る。
 
圧倒的な歌唱力で、アレサ・フランクリンを演じたジェニファー・ハドソンは、文句なしに素晴らしかった。"アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン" はスルーしていたが、そちらも是非鑑賞したいと思う。