よ

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46のよのレビュー・感想・評価

-
悲しみの忘れ方がすごく好きだったから正直あんまり期待しないで見たけど、序盤からボロ泣き(チョロオタ)

個人的には思ったよりまいやんのシーンが少なくて残念だった。
ポスターとか予告でも白西バンバン出してただけにあれ?って感じ。
飛鳥と与田ちょっと多すぎんか?😅
まあしょうがないことだけどね〜〜

個人的にいちばん泣いたところは、桃子の「乃木坂も悪くない」のとこ。
いまの乃木坂を背負って常に葛藤しながら活動してる飛鳥だから、桃子のこの言葉に救われて泣いちゃったんじゃないかなあと思った。
素でしか戦えない桃子と、なかなか素が出せない飛鳥の二人が正反対で、でもそれが合うんだろうなって。

あとは玲香ちゃんのシーンが思ったより多かったのが嬉しかった。
乃木中の卒業式回(?)で泣いてスタジオから出て行っちゃったの見て、玲香ちゃんは意外と誰よりも過去にとらわれてるのかなあと思った。
でもそれが私みたいな懐古厨と同じ考えを持ちつつも今の乃木坂を良くしたいと思って頑張ってるんだなと思って嬉しかった。

ただ、特典映像で見たことある映像がまあまああった気がした。
シンクロじゃんけんセンターとかも特典映像でまるまるあったし。

ライブとか年末番組とかで盛り上がっただけに最後の飛鳥の旅行シーンはちょっと眠くなっちゃった(笑)

たかせまると一瞬映ったまいまいとななみんで涙腺崩壊。