いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂462019年製作の映画)

上映日:2019年07月05日

製作国:

あらすじ

監督

出演者

「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

前回のドキュメンタリーとリニアとはなっておらず、時期は2017年末〜2019年となっています。中心は西野七瀬の卒業とエースとしての齋藤飛鳥の葛藤と成長、頂点を極めた乃木坂46の一期生が直面した「これから」についてと、次世代について。批判してる他の乃木坂オタクが指摘する通り、構成は非常に偏っています。また、どこかカンパニー松尾のAV、松江哲明のセルフドキュメンタリーの構成、手法(監督自体の主体性が不透明、モノローグを頻繁にインサートする、迷走しつつ、対象に向き合う。焦点が定まってない主体・客体ゆえ、偶発的な事故により、想定していない展開が見られる等)チックで、それでいて、そこまでの事故も起こらず、最終的には乃木坂メンバーの団結力や連帯感、みたいな分かりきった結末に収斂していくのは、まぁこんなもんだよな、って感じでした。所詮は乃木坂オタク向けの映像集のようなものなので、個人的には満足した部分もありましたが、前回の作品以降、乃木坂を去った橋本奈々未、生駒里奈等の扱いが軽過ぎた。また、選抜/アンダー格差等の点ももっと切り込んでみても良かったのではないかと。ファンは観て損はないです。
ミホ

ミホの感想・評価

3.3
この手のドキュメンタリー映画は初めて見たので、新鮮な気持ちで見れました。
ななせまるの卒業ライブの部分、涙出たなぁ…
Yoko

Yokoの感想・評価

5.0
やっぱ乃木坂だよね、、、かなり泣いちゃう
神田

神田の感想・評価

5.0
無論、星5。
ははは

はははの感想・評価

4.0
大前提として
乃木坂が好きなのでこの点数です。
ドキュメンタリーとしての
映画の構成については
内容に入り浸っていたので
あまりわかりませんw
只、章構成は
良く言えばテンポよく進み
悪く言えば急かさてる感が
少しありました。
※これより先はオタク目線の感想
やはり良いグループだなと
思いました。当たり前だけど
仲が悪い人達を応援なんか
したくないし、みんなで
はしゃいでる姿が良かったです。
これからも乃木坂を
応援したいです!!
ひ

ひの感想・評価

-
いつのまにか、ここにいる もうこのタイトルからしてわたしが知ってすきになった乃木坂らしくてじんわりした。みんなまとめてぎこちなくて愛らしくて切なくて涙がいっぱいだ。桃ちゃんが天才だったな〜
まあ、観た。
>|