ルクス・エテルナ 永遠の光の作品情報・感想・評価・動画配信

「ルクス・エテルナ 永遠の光」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ギャスパー・ノエの作品って、いつも鑑賞する勇気を試されてる気がする。

型破りで常に何を観せられるか分からない不安が漂うけど、それでもこうして興味をそそられるのは彼の試みに期待してしまうからなんだろうな。

特に本作は高橋ヨシキさんが絶賛してたのもあって是非観たいと思っていた作品。

……なんかすげーの観せられた感じ。
ギャグかと思われる位ハチャメチャになって行く撮影現場は正にカオス。
2分割した画面でそれぞれが好き勝手に喋ってる構成は混乱具合を上手く表現している。
ガヤガヤした感じは「climax」に似てる。

冒頭から長回しでずーっと駄話してるシーンが続いてるかと思うと、ある所から狂気に変わってゆく。
人が内に秘めてる欲望が露わになる時ってこんな風に唐突に、あっけなくやって来る。
残酷だけどもの凄くリアルだ。

映画って「総合芸術」って言われるけど、監督は自他共に認める『独裁者』でなければ作品を作り上げることは出来ない。
そして、映画が総合芸術であるからこそ、恍惚に至る程の表現が出来る…。
こんな解釈でいいんかな。
でもアレはちょっとやり過ぎでしょ。
これも「映画」だとするならば私にはちょっと共感出来ないかなぁ…。

多分ヨシキさんはご自身の監督経験に本作を重ね合わせたのかなと思う。
スコアはなんとも評価し辛いので五分五分の点にしときました。
nnk

nnkの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・ありそう。
・↑トップレスが契約にないとか。
・あのモデルさん素敵よね。
・スタンドインが本番衣装着たくなっちゃうのもありそう。
・あの撮影監督の撮り方、今だったら後で暴露されて酷く叩かれるやつ。
・シャルロットさんの冒頭の服装好き。
・劇場であの明滅を上映するのは危険そう(実際どうしたのか知らないが)。
鰤鰭

鰤鰭の感想・評価

3.2
今まで観た映画の中で最も目と耳に優しくない映画。エンドロールまでこれかい!
情報過多な2画面構成はその場で起きていることの同時性が感じ取れて面白かった。

【鑑賞回数】1
【鑑賞履歴】
・2022/9/19
高橋

高橋の感想・評価

3.1
光過敏性発作を起こしやすい人は絶対見ちゃだめ。眼精疲労、偏頭痛持ちも非推奨。

映画の在り方をメタ視点から描写し、現代における「性虐殺」について考えさせられる、目チカチカ映画。

監督の思想が詰め込まれてて興味深いんだけど、目チカチカしすぎてその記憶しか残らん(あとそもそも自分の脳みそでは理解できない)
映画って難しいですね。
なんか、理解できた上でダセェって思うなら低評価つけられるんだけど、男社会の映画業界と魔女狩りをリンクさせたってこと以上の、もうちょい深いなんかがある気がしますが情報ありすぎて整理できませんでした。でも撮り方とかはやっぱクールよな。
頭と目が疲れただけ。
最後の方は腹立ってきた笑
アビー・リーは美人。
映像の暴力。
赤青黄による三原色鬼のフラッシュ攻撃により、なぜか映像が3Dみたいに浮き出てくるよ。映像に犯されるトリップマジック!
この映画を暗い部屋で見たら目が死にます
SEP

SEPの感想・評価

3.3
映画の撮影現場の混乱をメタ視点で描いた映画

クリエイティブな現場にいたことがないので、わからないがこんなカオスなの…?ってのが第一印象

多分そういった現場にいたことがある人はより深く共感できる?
逆にやばい映画はこれくらいカオスじゃないと成り立たない?とも深読み

後半のポリゴンショックがやばいので、心臓の弱い人は見るの非推奨です。

前作クライマックスが割と好みだけあって楽しみにしていたが、ちょっとハマらなかった作品…
>|

あなたにおすすめの記事