竜どん

ミッドウェイの竜どんのレビュー・感想・評価

ミッドウェイ(2019年製作の映画)
3.1
日米両雄の視点から描いていて、戦勝国アメリカ万歳映画のみになってない点は新しい。…が、群像劇的で視点があっちこっち飛び過ぎて主人公がいまひとつ誰だかはっきりしない。史実なだけに双方共にさほどドラマチックな展開がある訳でもなく、淡々と歴史的事実が積み重ねられていくので感情移入はあまり出来なかったかな。教科書には載っていない真珠湾攻撃からのミッドウェイ海戦を裏舞台の情報戦の攻防をも踏まえて知る為のドキュメンタリーとしては解り易くて面白い。

戦闘シーンは堂々たる迫力。少々ゲーム画面っぽ過ぎる気もするが、零戦✕ドーントレスのドッグファイトは燃える⤴両国戦艦が沈められていく場面はどなたかが書かれていましたが立ち昇る炎や吹き出す黒煙、激烈な爆発がアニメの様で正に「轟沈」。自国が敗ける戦闘をエンタメとして楽しむのもどうかと思わなくもないが、エメリッヒ監督らしい豪快な画面作りと派手な演出は一大スペクタクルでアガる。

豊悦の山本五十六は思ったよりもハマり役。開戦を望まなくも軍人としての矜持を示す大和男児演技が渋い。浅野忠信山口多聞は米国のイメージする日本軍人を体現してますね。殉死って外国人からしたら理解の外なんだろうな。
ニミッツがウディ・ハレルソンか。直近で観たのが『ゾンビランド』だったので落差が笑。