T-34 レジェンド・オブ・ウォーの作品情報・感想・評価・動画配信

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」に投稿された感想・評価

りよ

りよの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった!私は幼少時andそれからの在独期間が長かったためナチスが出る映画は結局見てしまう傾向でやはりついの観賞でした。いま時点で既にロングランなのですぐ行かねばだけどもう一回やはり劇場で観たい&円盤待ちです。
IMAXでかすぎねえかと思ったけど大丈夫だった。臨場感。大注目はナチの彼だよね…たぶんきっと超やなやつ一辺倒の演出と思ってたのに、作中名前の件ではときめいてしまったじゃん…

・つまりは幸せな方の「大脱走」だった。やはり収容所から逃げ出すには盗んだバイクぐらいでは不十分であり…だからスティーブ・マックイーンは捕まってしまったのである…戦車しかも最新型が必要だったのだ!!
・砲弾のCGが、原理わからないながらもかっこよかった なるほどと思った
・うまくいくと思ってなかったからずっと「ああきっと最後は…」と思っていた。
・最初の砲撃戦で、パンツァー(準ドイツなのでパンツァーと呼ぶ)にかかったハーケンクロイツの布の写し方にすごいマニアックさを感じたんだけど…
・自室で捕虜にブランデーまで振る舞って、演習について話すイェーガーさん、自分の名前がニコライのそれと縁があると知ったときの笑顔にときめいたのでした。「ニコラウス」はドイツではサンタクロースの意味だよ
たぶんあれじゃないかしら ゼロ戦の撃墜王のなんとかさんが、戦後の日米生き残り交流会で自分が打ち落とした元米空軍に「俺はこいつにこんなふうに落とされたんだ」って楽しそうに語られる ってやつと同じ…でもニコライはいまだぜんぜん前線でしたね…
・最初の砲撃戦で腕を認めてたから「演習がうまくいったら戦車隊の指揮官にする」ってかんがえついて、ソ連の捕虜をナチスの指揮官にってイェーガーさん その危険思想やめろよと言いたくなるが先の砲撃戦がそんなにも印象深いもとい高評価だったのだなあ…しかも何この、すごい名案思いついた!みたいなしたり顔は…かわいい…
ちなみに乾杯で相手と目を合わせないと7年間よいセックスができないという言い伝え?があるのでドイツ人は乾杯ではめちゃくちゃ目力発揮して視線合わせてきます
・イェーガー氏とアーニャ(最近「ユーリ!!!」の再放送みてるのでタイムリーにあの曲のフレーズ ’I save you now’ が思い浮かんだのであった)ほんとにそうだったのか気になる。
・T-34が収容所の門を出るときに踏み潰していった数々のメルセデスを見てあああああああうお〜もうやめて〜!!となった。幼少時もいまも、メルセデス感謝組です あんないい車ないから…寝やすい…
・最終決戦の街が美しすぎるのですがセットなのかな…ぶっ壊しすぎじゃろ
・さいごイェーガー氏がニコライを道連れにしようとしなかったところだけで、涙は出なかったけど自分の心は泣いていたのであった。

映画において、そこまであんまりひどくなさそうなナチを配置できるってのはそれだけでなかなかだと思う。

おわり。
ナチス=人間じゃないて描写からは離れていたので個人的にはよかった。
ソ連に戻られたみなさんもそれほど過酷でないこの後の人生があれば…
クオン

クオンの感想・評価

3.5
2020年初映画
(厳密にはニューシネマパラダイスだが新作はこっち)
まさに“実写版ガルパン”という表現がしっくりくる戦車バトル映画
ストーリーの構成も非常に上手く、ダレるシーンも無いし主人公と個性的な仲間達との絆、カッチョイイ宿敵、素敵なヒロインなどキャラクター同士の関係性もTHE王道
それ故に意外性はなかったのがちょっと残念
戦車の描写はリアルとファンタジーのバランスが絶妙で面白かった
今回観たのは通常版なので機会があったら完全版とかの方も観てみたい
戦車で大脱走! 戦車アクションてんこ盛りで戦車好きにとってはたまらない映画でしょう。
最近のロシア映画、CGやアクションシーンに迫力があって、ハリウッドの定型に収まらない斬新さもあり、なかなか好きです。

『アトラクション』シリーズにもでていたアレクサンドル・ペトロフもいい!
dauny

daunyの感想・評価

4.2
ガルパン 闇の章
T-34といえばカチューシャですね。戦車の知識はガルパンしかないけど、ガルパンのおかげで搭乗員の役割とかだいぶ理解ができました。ガルパンは偉大です。逆にガルパンでヒットしても有効打にならないときってどないやねんって思ってたのが、スッキリ腑におちた。戦車って側面をちゃんとつかないと装甲を抜けないのね。頑丈やなぁ。

とはいえ、ガルパン的というのもあながち適当ではなく、戦車道だなぁと感じさせる終わり方。
ナチスは西洋圏の戦争映画ならテンプレの悪役で、肯定的に描かれることはまずないのだけれど、一将校とはいえ、アツイ男として好意的に描いたのはなかなか珍しい。そもそもゲス描写がほぼなかったし。

ところてん、ポスターから「これはバカ映画か!?」と期待していましたが、ガチ映画でした。戦争モノだけど娯楽に寄ってて見やすいのもポイント高い。
み

みの感想・評価

3.3
戦車かっこいい〜
それぞれのキャラクターも
愛嬌があって楽しく見れる映画
粗茶屋

粗茶屋の感想・評価

4.0
『Притяжение(アトラクション)』のキャストが再び共演、『フューリー』に続くタンク・アクション!

「延期信管!」の台詞はそれこそ『フューリー』以来。魅力的なキャスト、甘すぎる英雄譚、魅せるVFX…ロシア映画万歳☺︎

『300』の2006年頃から始まった第二次VFX革命、“同じカットの中で速度変化を持たせる”手法によってただの戦車戦がSF映画のそれに匹敵するほどの迫力あるバトルシーンに仕上がっていた。

戦車戦という地味な題材をここまでエンタメに昇華させられる現代の映像技術に心底感動。

ユーリー(YuriyBorisov)とイリーナ(IrinaStarshenbaum)はどちらも92年生まれの28歳。

『вторжение(アトラクション/侵略)』を観てからどこかユアン(EwanMcGregor)に似てるという理由だけで僕が推し始めたユーリーは本作でも最高にチャーミングでした。
ホア

ホアの感想・評価

3.6
戦争映画なのに娯楽大作。独ソ戦にちらりとも触れた瞬間その映画は陰惨な気配を逃れられない。それにもかかわらずこの映画は独ソ戦そのものを描いてるのにカラッとしている。普通に楽しい。珍しいものを観た。
ワヤ

ワヤの感想・評価

4.3
ロシアの戦争映画。
ロシア映画ってそんなに観たことないんだけど、これは今日日ハリウッドでも珍しいくらいのド直球のエンタメ。
開始10分でいきなり戦車戦を見せてくれるあたり、わかってるねー!って感じ。
こちらの弾数に限りがあるので無駄に弾を撃てないという設定も、戦車戦のハラハラに一役買ってました。
あとはラストの戦い。何あれ!
最高に熱く、最高に男臭い、超好みの映画でした。
ら

らの感想・評価

3.4
今年135作目

戦車をメインの映画!とは珍しくすごい惹かれてみました。
戦闘シーンは独特の迫力がありよかったのですが、何か物足りない。そして少し飽きる😫
面白いような、面白くないような。

めちゃくちゃ無理矢理入れた恋愛には少し笑いました
52H

52Hの感想・評価

3.8
最近は戦争映画も史実ものを観ていたので、久しぶりのエンタメに徹した作品でした。
導入から引き込まれるし、ヒット作の王道をいくようなテンポの良さとキャラ設定の魅力もあり、夢中で観てしまいますね。
ただエンタメ作品とはいえラストの展開は賛否分かれるような気がします。急に子供っぽい感じになったというのが正直な感想。
>|