KOUSAKA

草間彌生∞INFINITYのKOUSAKAのレビュー・感想・評価

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)
4.0
劇場のデカいスクリーンで見る意味のある傑作ドキュメンタリー。

草間彌生がこれほど辛い差別や批判を受けて来たなんて全然知らなかったし、そんな逆境に負けるどころか、どんどん過激でワンアンドオンリーなアートを生み出し続けていたんだと初めて知って、ただただリスペクトしかありません。

っていうか、アンディ・ウォーホルが、ニューヨークに移住したてで若かりし頃の草間彌生のアートのアイデアをパクってたっていう話とか出てきて「せっこー‼️😡」「ちっちぇー‼️😠」って思った。

人種差別や女性差別の壁に阻まれて、表現の場所を与えて貰えなかった草間彌生を助けてあげるどころか、むしろそれを良いことに「成果のかすめ取り」をしてたなんて絶対許せません。ホンマにセコすぎる‼️

草間彌生のトレードマークの「水玉模様」は、ポップだな〜くらいにしか思ってませんでしたが、実は子供の時からそれに囚われていて、彼女の生涯に渡るテーマであり、もはや彼女そのものであると言っても良いくらいのものなんだと知って、完全に見る目が変わってしまいました。このドキュメンタリーを見る前と見た後では、水玉模様の重みが完全に変わりました🤔

彼女こそホンマもんの芸術家‼️松本美術館、行きたくなった〜‼️😆