con

草間彌生∞INFINITYのconのネタバレレビュー・内容・結末

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

「故郷に錦を飾る」
この言葉で涙するなんて思わなかった。。

自分を虐げた故郷
トラウマが植え付けられた故郷

それでも生まれ故郷って特別なのね。。

着物を着て日本人を売りにしたり、権力者にアピールしたり商業的な努力をしてたのも驚き

そーだよね、そんなに綺麗事で行かないのがこの世の中だよね


今のカラフルでハッピーな作風になる前を知れた

やっぱ精神状態って顕著にあらわれるんだな。。

精神病院に入院しながら作品を発表してたのはびっくり。。

アンディ・ウォーホルやその他男性芸術家に革新的な作品を真似され、先に評価され…日本人でかつ女性が評価されなかった時代
そりゃ病むわ。。



「時代が彼女に追いついた」
この一言


どの時代の作品も大好き