草間彌生∞INFINITYの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

草間彌生∞INFINITY2018年製作の映画)

KUSAMA: INFINITY

上映日:2019年11月22日

製作国:

上映時間:77分

3.8

あらすじ

「草間彌生∞INFINITY」に投稿された感想・評価

shinoiwa

shinoiwaの感想・評価

4.1
草間弥生さんの半生、評価と挫折がとても良くわかって、より一層好きになった。海外製作なので、字幕版を観るのがオススメ(草間さん自身の発言も、一部早口で聴き取りづらいため)
gon

gonの感想・評価

3.3
草間さんが、あんなにパワフルアグレッシブな方とは思わなかった。
生きる為に、絵を描き続け、現在進行形で、疾走してる姿を、目の当たりにした。
並大抵の事じゃない。
ずっとずっと、描き、表現し続けくれたから、作品を通して、草間さんに出会えた。
奇跡。感謝。

現在の彼女も、本人さまも自覚していますがとてもキュート。
けれど、幼少期〜NY時代の彼女の綺麗なこと。
彼女を見たら、惹かれてしまうと思う。
2020:01.09
草間さんの世界観-魅力の根源が少しみえたような-−~-
無限に広がる宇宙に飲み込まれそうになる彼女の中にも、もう一つの宇宙というか、無限に広がるエネルギーを感じた。

生きていてくれてよかった。
Reika

Reikaの感想・評価

3.8
庭でキスしてたらバケツで水かけられたエピソードが印象深かったです。女性芸術家がまだ認められない時代、それでも作品を作り続けた事は本当にすごいなと思いました。
hmwr

hmwrの感想・評価

4.4
聞き逃したくないシーンばかりなのにドキュメンタリーって常に情報を耳にしなきゃいけないからやっぱりゆっくり休めなくて疲れちゃう…
草間さんの壮大な濃い人生に胸を打たれた。
わたしってキュートでラブリーでしょ?と言ってる草間さんが微笑ましかった。
Kaori

Kaoriの感想・評価

5.0
草間彌生の幼い頃のトラウマや、日本人女性であることでの差別だったりの苦悩を、事実としては知っていたけれど、映画になることでドッと感情が溢れてきた。

映像メディアの編集という技術で、ネガティヴな影響を助長したり、隠蔽したり、あることないこと組み立てる人もいるけれど、こういう使い方は大好き。少し彼女の感情に近づけたような気がする?気がするだけかもしれないけれど、見てる最中涙が出てきた。これだから私は映画が好きだなぁ。

流行やインスタ映えというもので消費されたくないと思いつつ、やっぱり共有したいから感想インスタに載せた。
marika

marikaの感想・評価

4.0
草間彌生の幼少の頃から現代まで、特にニューヨーク時代の前衛的な美しい彼女がたくさん。どれだけ売り込み、報われなかったか。そして、今も描き続けている素晴らしさを、この映画はよく表現していたと思う。過去の作品とインタビューのバランスもよくて、また、彼女の作品を見たくなった。
わく

わくの感想・評価

4.0
2019/12/1 名古屋センチュリーシネマで鑑賞。
草間彌生は作品が評価されてからしか知らなかったので、こんなぶっ飛んだ人生を歩んできた人だと知って衝撃を受けました。名の知れた芸術家となるような人は、このくらいぶっ飛んでないといけないんだろうな、と「風立ちぬ」を観た時と同じような印象を感じました。
草間彌生アートの実物をまだ見たことがない。直島は近いうちに行くだろうし、松本にも行きたくなった。渋谷パルコ楽しい。