草間彌生∞INFINITYの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

草間彌生∞INFINITY2018年製作の映画)

KUSAMA: INFINITY

上映日:2019年11月22日

製作国:

上映時間:77分

3.8

あらすじ

「草間彌生∞INFINITY」に投稿された感想・評価

lavender12

lavender12の感想・評価

4.4
自分の中身を表現したい、という若い頃のむき出しの欲望がまぶしい。だが、心を病んでなお表現したいという欲望は、欲望を超えた作品に昇華されている。
フェミニズムも感じさせるドキュメンタリー。
ono

onoの感想・評価

3.5
草間彌生が話してる内容を(なんて言ってるか分からなくて)半分ぐらいしか理解出来なかったけど、アートと商業の部分が垣間見えて面白かった
ドキュメンタリー色が強いので草間彌生の現在の芸術面や仕事ぶりを見たい人には合わない気がする
まゆ

まゆの感想・評価

3.8
才能があれば勝手に周りが認めて行ってくれるものだと思っていたけれど、行動できる強さあってこそだと知り心を打たれた。
1

1の感想・評価

3.6
彼女の作品は大学院の講義で触れた程度であまり知識もなかったが、作品の多彩さに驚いた

彼女の展覧会に行きたくなった
yumiko

yumikoの感想・評価

4.0
棒読みが言語を物質化する(とゆうか言語いらなそう)。故郷松本と彼女が出逢い直せてよかった。
意味がわからない。

この作品を見るまでは草間彌生をただの変なおばさんぐらいにしか捉えてなかったが、これを見てからは完全にアーティストとして見ることができる。その上現在よりも、性差別や人種差別がはびこる時代に女性1人が単身でアメリカに行き数十年かけて芸術の道を開いたこと自体が唯一無二の芸術的なことだと思った。あの人の幼少期がひどいのはわかったが、同情しようとは思わなかった。

しかし、これが見る価値のない作品だとは思わない。なぜなら、見ている間にこの映画自体が嘘偽りのない芸術であることが分かったから。見終わった後に、数年に一度の名作を見たような気分になりかけた。
うまく言えないけどものすごく大きなものを受け取った気分だ

私は草間彌生が日本でも有名になって受け入れられている時代しか知らないけれど、その前に考えられない程ものすごい密度の人生を生きていたということの証明をみることができた

日本人であり、女性であるという(こういう言い方をするのは悲しいが)ハンデを背負って単身NYに乗り込み、あらゆるところに自分の絵を売り込み、拒絶されるを繰り返し……
淡々と語られる言葉の一つ一つがとてつもない重さをもっている


SNSの概念すらない40年以上も前に、芸術を2ドルで売って屋台のホットドッグのようにポップにシェアしたり、ゲイの結婚式を行ったり、次に時代はこう動いていく、これらが普通になる未来がきっと来る……
と視線は常に遥か遠くをみている人なのだと感じた。
とん

とんの感想・評価

4.0

こんなに人間臭い生き様を生きる
人間みたことないかも!心揺さぶられたよ!
強さも弱さも全部愛おしくなる
かっこいい、水玉のおばちゃん
草間彌生といえば「水玉模様」「かぼちゃのオブジェ」くらいの知識しかないままで鑑賞。

本編は、本人や学芸員、研究者のインタビューを挟みながら彼女の人生をなぞっていくドキュメンタリー。幼少期からの写真や映像などを見ると、「あの水玉のおばちゃん〜」とは違う、今まで知らなかった草間彌生というひとりの人間の生き方が立ち現れてくるようだった。

幼少期から絵を書くことに執心し、成人してからは当時日本では少なかった女性画家の道を志すも上手くいかず渡米。アメリカではパフォーマンスとかインスタレーションとか、かなり派手にやってたそう。知らなかった!
「アジア人」「女性」などの障壁もあり、まだまだ男社会の美術界に乱入し、アンディ・ウォーホルとかその他の著名人にアイディアをパクられたりしながらも、必死で生きていたのが印象的。
(そのくらい草間のアイディアは特別だった。日本ではまだ無名の時代に、NYの現代美術界は彼女をサポートしていた。)

なんていうか全編通して草間彌生の人生に安寧なんてなくて、「もがき」「苦しみ」「必死」「悪戦苦闘」「体当たり」「不器用」「執念」「闘志」そんな言葉が浮かびました。とにかくこの人エネルギーが半端じゃない。エネルギーが服きて歩いてるような人。

中年期以降きちんと評価されるようになったらしい。これも知らなかった。今でこそ個展に大行列の人気アーティストになってよかったよね…みたいな話しぶりでした。その下にある歴史はかなり泥臭くて「絵を描きたい、表現したい」の一本筋だけで支えられていたんだろうなぁと想像します。

そういう人の苦労は凄まじいものがあると思うけど、個人的にはそんなに夢中になれるものがあるのがうらやましかったな。
あんず

あんずの感想・評価

5.0
◇◇◇◇谷◇◇◇◇
⭐⭐⭐⭐⭐最高⭐⭐⭐⭐⭐
◇◇◇◇谷◇◇◇◇