生きるの作品情報・感想・評価

「生きる」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

4.3
いのち短し恋せよ少女
か

かの感想・評価

4.0
生きよ
Rie

Rieの感想・評価

-
主人公がボソボソ声で、何言ってるか聞こえなさすぎて観賞を断念、、
良い映画だろうに、残念!

機会があればまた見直そう~
よー

よーの感想・評価

4.0
黒澤明監督作『生きる』。
真実めいたものは、無理解の中にこそ浮かび上がるのだろうか。

つまらない人間やつまらない人生なんて、一つとしてあり得ないのだということを改めて感じた。ただそれらを全て理解することは不可能な話で、人の価値は、その人自身が決定することでしか定まらない。

死の淵に立つおじさんが、生を発散させているかのごとく若い娘に夢中になってしまう気持ちはすごくよく分かる。
くだらないおもちゃを作っていても、それが楽しくて、「これ作ってわたし、日本中の赤ちゃんみんなと仲良しになったような気がするの」なんて言えちゃうところが驚きなのだ。
それは彼女が自身に付与する価値であり、誰からも汚されない強さがそこにある。
己の価値を決定づけるには、どんな形であれ行動あるのみなのだ。「何もやらないのが仕事」である役所に長く身をおいてきた主人公には、こんな当たり前のようなことが何より衝撃だったに違いない。

終わりを自覚して、主人公は変わったが、それでも変わらずに続いていく日々の中ですぐにその変化は均されていってしまうことだろう。
だけど、分かってくれるかくれないかなんて結局のところさしたる問題ではない。主人公は仕事で男になった。自身の人生に判を押して、立派にこの世をあとにすることが出来たのだ。うん、それが全てでいいんじゃない。


志村喬と言えば、わたしにとっては博のお父さん(男はつらいよ)。
佇む姿に漂う哀愁、そして目力。もはや唯一無二ですな。これは誰にも真似できない。お芝居ってすごいや。
観れてよかった!
kyooo

kyoooの感想・評価

4.0
俺は今凄い映画を見ている!俺は今凄い映画を見ている!後半40分はそう思いながら観ていた。心臓がブルブルと震えた。

志村喬の狂気と黒澤明の構成力。どれだけの映画監督に影響を与えたのだろう。十二人の怒れる男も名作だが、確実に影響を与えていると思う。

いのち短しは二回唄われたが、1回目は失意のドン底から、2回目は希望の高みから。同じ唄なのにまるで印象が異なった。

生きることという普遍的なテーマにど真ん中の直球を投げ込んだ本作は、永遠に語り継がれることだろう。
sk

skの感想・評価

4.5
人生のささやかな歓びの瞬間を、ダンスホールの暖簾とブランコの単調な横揺れで表現してみせる鮮やかさに息を呑んだ。
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

5.0
モノクロだから
観るのが面倒だなぁ、
とか思ってすみませんでした。
生涯ベスト級だわよ(●´ω`●)
1号

1号の感想・評価

4.5
黒澤作品の中でもお気に入り。
喫茶店で生きる意味を見出すシーン。後ろで沢山の学生たちが友人に「ハッピーバースデー」を歌うが、あれは生きる意味を見出した主人公の生まれ変わりを祝しているようにも見えた。
後半の主人公の生き様が、他者の回想のリレーによって描かれることで主観から客観に映画がシフトするのが面白い。
分隊長

分隊長の感想・評価

4.5
わかる、人ってこう。
>|