生きるの作品情報・感想・評価

「生きる」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

4.3
いのち短し恋せよ少女
tnk

tnkの感想・評価

4.9
志村喬さん、日本映画の宝です。
飲み屋のシーンとブランコシーンに感嘆とした。
生きてるのか死んでるのかそんな複雑な表情が出せる俳優を日本は持っていた
びーる

びーるの感想・評価

4.0
感動した〜!
「軽い胃潰瘍」と医師から告げられ、生きる喜びを実感する渡辺さんの物語。本当に充実した生き方をしたんだろうなぁと思うと本当に心にしみる。
病院から出た後の車の雑音や辛辣な表情から出される歌声はググッときた。
職場の人が渡辺さんについて語り合うシーンでは号泣。
liverbird

liverbirdの感想・評価

4.3
展開の順番の選択が印象的
生きているとは何か?呼吸をしている、心臓が動いている…ただそれだけでは死んでいる事と同じ。人生を謳歌するとは快楽にひた走ること?そうじゃない、人生を謳歌する、つまり…その…"生きる"というのは情熱を持ち命を燃やし続けること。

役所で判子を30年押し続けていた渡辺が癌宣告を受け、生き方を見直して行く姿から人生を学べる。

志村喬の演技には素晴らしい説得力がありまさに生きながら死んでいる渡辺の表情を演じきり、そして何も為すことなく死ぬという現実に止めどない悔しさを抑えきれず、しかし解放することもできないジレンマをうまく表現していてあっぱれでした!

傑作。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.8
ハッピーバースデーのシーンが印象的
表情がすごい
回想に変わるのが良かった

命短し恋せよ乙女
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.1
2017.11.13
EI

EIの感想・評価

4.2
不治の病に気づいた役所の市民課長。「自分にあと何ができるのか、生きるとは」
昭和27年の映画で展開がとてもゆっくりとしているが、自分にもあり得る話でとても考えさせられた。役者の感情表現、目の演技も素晴らしい。
Mitsunoir

Mitsunoirの感想・評価

4.4
死をもって生を自覚し、何かをつくろうとする、生きて死のうとする、しかも才能開花という方向でなく、あの官僚主義という機構に対して残り少ない人生の時間を使う(あの...そこをその...ってね笑)、さらに謎解きサスペンスという語り、一人ぽっちの彼が行動しつくり繋げる、全てが噛み合っている。

とよと歩きながら会話するシーンなんて会話が目的に思えて、二人が腕を組んだり離れたり彼女がくるりと回ったり、彼女が本当に生き生きして見えた。あだ名つけてる笑い合うところといいあれらは映像的に楽しかった。
官僚主義軍団がベラベラ喋るのと渡辺さんはくわっと開いた気味の悪い目つき&拙い喋りでありながら行動するという対比も良い。

過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられるという言葉は一見正しそうに聞こえるが、こういうのを見ると自分を変えることで他人を変え、それにより変わる未来を志向してこそ「生きる」だと思わされた。
>|