ソウルフル・ワールドの作品情報・感想・評価

「ソウルフル・ワールド」に投稿された感想・評価

MASH

MASHの感想・評価

5.0
今年一番どころか人生で一番かもしれない。映画を観ることは娯楽だけじゃなくて、生きるということがどういうことか、そして生きていてもいいんだと教えてくれる。ずっと大切にしたい映画だ。
juri

juriの感想・評価

5.0

"人生のきらめき"


予告編を見た時からずーっと気になっていました。
予想を遥かに超えてきた、、
深く考えさせられるストーリーと生きる上での意味みたいなものを教えてくれたような感覚。

ある若い魚と、年老いた魚の話が
印象的でした。

毎日を生きていると、
一日一日を新しい気持ちで過ごす事なんて
中々出来ないと思う。世界にはいろんな人が居て
みんなそれぞれ抱えてる事があるから。
だけど、見方一つ、感じ方一つで大きく変える事が出来るような気がする。
魂のメッセージが詰まった素敵な物語。

見る、聞く、匂いや感触、全て当たり前ではないよね。
otoufu

otoufuの感想・評価

4.0
生きる意味とは、答えがすごくいい!
みよ

みよの感想・評価

-
良かった
インサイドヘッドとすごく近いものが沢山あると思ったら監督同じでした。ですよね
ゴン

ゴンの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

後半でピアノ引くシーンでただただ涙が止まらなかった。
言葉に出来ない感覚で、感動という感じとも違う。これが何か分からないが、ただ1日1日を大事に生きようと思った。
うえお

うえおの感想・評価

4.5
人生における幸せの形が何かっていうのは人それぞれあるけど、実は日常生活の中に様々な形の幸せが転がっていると。
幸せを掴むアンテナが生きているうちにだんだん鈍感になってる。
良いものを見た。
yukie

yukieの感想・評価

5.0
あしたはどうする?
同じことをする

という衝撃。

泣くわ
るみ

るみの感想・評価

3.8
前から評価高くて、みようとは思ってたものの1人ではあまり見る気が起こらなかった作品。ザディズニーピクサーという感じ!!生きるとはみたいな道徳的なテーマですが流石のディズニー、子供にもわかりやすく親しみやすい感じで伝えてくれます。個人的にママへ伝えるところは少しグッときた。ただインサイド・ヘッドの時も感じたけど、設定?世界観?の説明があるぶん中々泣くまでの感動は伝える時間がないのかな、と。
扱っているテーマが重たすぎて感想がうまくかけないよ
なんとなく生きてきて、思っていた人生と違うと感じている主人公ジョー。
ある程度大人になると誰もが感じる事がある、一度しかない人生のこれまでとこれからの道のり。このままで良いのだろうかという漠然とした不安。
そんな中いきなり死んでしまって、生まれてもいない魂の22番と、人生と、生きる事の意味を見つめ直す話。

死後の天界への階段へむかう人々の多さにゾッとする
秒毎に何百という魂が召されている圧倒的な世界の真実をこうも目の前に突きつけないで。

まさかの入れ替わりコメディが始まるとは思っていなかった。
過去の偉人いじりや、ゾーンに入ることの解釈は面白かった。ただ、生まれる前に性格が決定づけられるって設定はちょっと飲み込みづらい。

生きる意味を、具体的な今の夢と紐付けてけると、じゃそれが達成できたり、逆に達成できなかったとき、君には何が残るんだい?とイイ話で終わらせない突き詰めする姿勢に恐れ入る。
結局のところルール違反のあげくサービスで免除になったけど、実はあのソウルの世界ではよくある話なのかな。
あのユーセミナーでソウルたちを案内している超常的な存在たち。まじで人の生き死にを、そろばんの駒レベルのものとしてしか認知してなさそうで怖い。
どうせすぐ死んで転生を繰り返すんだから、1駒程度が瞬間蘇っても影響ないとか考えているのかも。こわ。

ところでなんでジャズと夢を追い人の話って相性いいのかな。即興で自分の想いを発露する音楽だからなのか。まだうまく言語化できない。

人以外のソウル(猫は一瞬でてきたけど)はどうなんよ?とか、他の惑星にも魂をもつなにかがいるから、わざわざ通行証は地球を象ったものになるのかな。とか色々想像の余地はある。
けど、人生をどう生きるんですか?という投げかけの前には、とてもちっぽけな議論になりますね。
>|