ベル・エポックでもう一度に投稿された感想・評価 - 7ページ目

「ベル・エポックでもう一度」に投稿された感想・評価

いそ

いその感想・評価

3.9
ロマンチックでとても夢のあるストーリー
70年代を再現したセットだから、ホテルや街並みの色彩も衣装もレトロで素敵
過去の美しい記憶と、技術が進歩し様子がガラッと変わったリアルな現在との対比も面白かった。

そしてラストシーン、すごくすごく良かった!
長い年月をかけて2人の関係性は変わってしまったけれど、2人が共有している出会った日の思い出も大切に想う気持ちも変わらずずっとあったんだなぁ


主人公の夫婦とは別に、役者側にフォーカスを当てているシーンも多いため登場人物の関係性を理解するまで少し難しかった。
他の方がレビューに書いているように、洒落た表現が多くセリフの言葉選びがとても素敵で好きだった
レク

レクの感想・評価

3.1
時代に取り残され妻を失った夫が、撮影セットを使って妻との出会いを再体験する。

哀愁漂うロマンチックなフランスの空気感や虚実混じりの設定はとても素敵だ。
しかし、疑似的な時間旅行に夫婦以外の思い出が絡む入れ子構造が却ってとっ散らかった印象を残していて勿体無い。
リ

リの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、ちょいグロシーンあるから注意✊🏻
めちゃめちゃロマンチックだったわ、、、
最初面白い設定だなとしか思わなかったけど、こんなに最後ロマンチックなシーン変わるなんて、、、、
本当の妻と70年代を再現する場面で何故かめちゃめちゃ泣いた
ああいうマンネリ化した老夫婦が、出会った時の事を思い出してまた愛が復活するみたいなのに弱い笑
私はこの作品すごい好き
akhs

akhsの感想・評価

4.0
ミッドナイトインパリを彷彿とさせるような一作。
いつだって過去や理想にないものねだり。
それでも全ては目の前の現実に繋がっていることを再確認させられる。

きっと日本人がこういう映画を作ろうとすると、
ただただ御涙頂戴に走るか御行儀良い作品になるか、
決して洒落っ気だったり情緒感だったりは生み出せないんだろうなと思ってしまう。
そういう意味でもすごくおフランスらしい作品。


2021年 40作目
Moona

Moonaの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

設定とか雰囲気はすごく良いんだけど、特に盛り上がることもないまま終わるタイプのフランス映画って感じ。最後のあたり、奥さんがカフェを出たあと、なんで例の役者の幻覚を見たんだろうとちょっとダークさを感じた。その後の結婚式のシーンの練習シーンはなんか良かった。
想像とは少々違ったんだけど、
設定面白しろくて、好き!
そして、思わぬところで泣かされた。
フランス映画ってやっぱ捻りきいてるな。
じえり

じえりの感想・評価

3.0
なかなか良くできた設定
でも今の自分自身で自分の過去に戻る為に一晩今のレートで250万以上出すなんて金持ちの道楽以外の何物でもない
たたた

たたたの感想・評価

3.3
他の方が言っているように設定は良かった!
が話し自体はあまり印象に残らず…
何より登場人物が好きになれんかった。
夫婦の再生を描くストーリーなんだろうけど、話があっちゃこっちゃ行って口開けば下ネタぶっ込んでで結局何が言いたかったんだ?てかんじで終わってった。
skitties

skittiesの感想・評価

3.5
妻との崩れかけた関係性を、過去の記憶を呼び覚まして修復していくお話。
顧客の希望する時代に戻れるサービスという設定が斬新。
人生を重ねた後また観たいなと思える作品。
老年夫婦の恋の話か…?と思っていて、それは間違いではないのだが、
3通りほどの情事が同時進行していて、思ったよりテンポが良く楽しく見れた。

全体的に台詞回しが好みだ。
「あなたは今何を?」「椅子に座ってる」、「紙の本だ。めくると続きが読める」みたいなひねくれた台詞がいい。
「君みたいな人たちはみんな、どこへいった?」、「いつ会える?」「1974年に」みたいな印象的な台詞もいい。

お気に入りシーンは最後の喫茶店でのシーン。「会ったばかりだけど、恋しい」
老年夫婦にこの台詞を言わせられるのはこの設定ならでは。

あなたにおすすめの記事