Yui

ガリーボーイのYuiのレビュー・感想・評価

ガリーボーイ(2018年製作の映画)
4.1
インドで活躍するラッパー「Naezy」の実話を基に、インド人も近寄らないようなスラム街に生まれ育った青年ムラドがラッパーを目指す姿を描いた伝記映画。

音楽のサクセスストーリーとしても面白いし、インドのヒップホップ文化として観ても面白いし、めちゃめちゃ惹き込まれるんだけど、それと同じくらい、インドのスラム街で生まれ育つという事がどういう事かがムラドやムラドの家族、友人を通して凄く伝わってきて、惹き込まれました。

とにかく厳しい格差社会、階級社会の現実は、夢も見れないくらい人を変えるし、家父長制が観ていてしんどい。こんなのただのDV、モラハラ親父じゃん!と思える環境で生きてこれた私は恵まれていると思った。でもそれが当たり前な環境…。

宗教も相まって、女性もかなり生きづらいんだけど、ヒロイン含め女性たちが強くてたくましいのが印象的だった。勝手に控えめな女性をイメージしていたんだけど、よく考えたら、控えめで大人しいのがベースな女なんて存在しないですよね。女は強い!!!クレイジーなヒロインがめちゃめちゃかっこよかった!!笑

映像も綺麗で、密集したスラムの街並みや家の中も暗くなりすぎずよく見えたので、生活が感じられて良かった。

まぁとにかくラップがかっこよくて、和訳でもちゃんと韻踏んでるし、スっと入ってくるような言葉の中に熱さや苦悩が感じられて、ラップの和訳は誰がしたんだろう?と気になって調べたら"いとうせいこう"監修でした!
なるほど大納得。

面白いなと思ったのは主人公のムラドが"ワル"じゃないって所。だいたいスラム街からのし上がってくるスターラッパー達は、自らだったり仕方なくだったり悪事に手を染め…みたいな人生が多い印象なんだけど、ムラドは「子供にこんな仕事させるなんて(違法な仕事)恥を知れ!」と友達に言っちゃうような真面目くん。かと言ってヒーローみたいなキャラかと言ったら違って、陰キャ寄り。そんな所も新鮮で凄く面白かった。

ワルにもなりきれないし、真面目にもなりきれない彼の中から熱さや誇り、不満や夢、憤慨や怒りが自分の言葉として溢れ出していくのを観ていると、こっちまで熱くなったし、清々しかった。
ラッパーとして成長して行きながら、人としても成長して行く彼が1番の見所だけど、そんな彼の家族、友情、恋人に対する愛情も見逃せない。

はー!観て良かったー!最高でしたー!