ガリーボーイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(15館)

「ガリーボーイ」に投稿された感想・評価

M2D

M2Dの感想・評価

-
ラップが最高だ〜〜〜!ミュージックもかっこいい。シェールいい奴すぎてどない?心が汚いのでコイツ掌返すんちゃうんて思ってしまったけどまじのいい奴。泣く。てかムラドのダチいい奴多すぎない?なんなの。いい加減にして欲しい。廃電車で友達と彼女と集まるの最高だな。なんだよあれ。憧れる。
サフィナは気を強い通り越して激ヤバなので私はスカイとそのままいっちゃって欲しい気持ちあったよ、
その辺のゴタゴタあんまいらんやろってちょっと思った。私が彼女を好きになれなかったのもあるけど
スラム街、住めないけど味があって可愛いなっておもう。本当に住めないけど。
ラストの締め方よかったな〜。エンドロール最後まじで唐突に無音になったから笑った
nagisa

nagisaの感想・評価

4.5
th-9
ヤベェ映画でした。
劇場ではまだまだ上映されるでしょうから、観てない人は観ておけよ☺️
誠治

誠治の感想・評価

3.5
驀進続けるインド映画(あいかわらず長尺だけど)
だが、「シークレット・スーパースター」と類似する所(Youtubeにアップして世論を得る)があり、少々残念。また、ラップ発祥の地かのような物語の流れだけど、インド発祥じゃないよね。
ラップ自体があまり自分の中にないし、韻を踏むと聞いていたので字幕だと伝わりにくい。
これを機に日本のラップを聞いて勉強しようかな?手始めに園子温の『TOKYO TRIBE』でも観てみようかな。
彼女役の外科医になると宣言している大学生が、哀川翔の娘の福地桃子に見えて仕方なかった。
それにしてもインドの格差社会ってのは酷いのね。
父親が最後、ライヴに来てくれて喜んでいたのに救われる。
ラップで運命を変える。スラムで育ったムラドの苦悩と努力はカッコ良かった〜!さて、俺も最高の詞(ライム)考えるか、、
マイク一つで世界を変えられる


ラップは世界共通だった。
インド版「8mile 」の様なのだが、それだけではなくインドならではの社会問題もふんだんに取り込まれていた。
いつものインド映画の音楽ではないラップは新鮮であり、とても良かった。

自分の生まれ
そんなもんくだらねぇ
抗ってこその そのさだめ
なかなか一歩が踏み出せない、全ての人に向けられた映画だと思う。
そして、どんなに憎くても許せるのが愛だと教えてくれる。

このレビューはネタバレを含みます

インドとラップの組み合わせ、あまり想像できなかったけどかっこよかった
ムラドの住む町の汚さに貧困、支配的な親、人生ハードモードすぎる
こういう背景があるからこそ詞に重みがあるのだろうなあ
彼女すごく可愛いけど都会的で感性の合うスカイに惹かれてしまうのはわかる、でも最終的に彼女に戻ったのは好印象だった

音楽活動がうまく行っているときに車の盗難がバレて転落するんじゃないかとヒヤヒヤしたけど友達が良いやつで良かった
シェールも超いいやつで好き
れい

れいの感想・評価

3.9
ヒンドゥー語のラップはカッコいいし、実話を元にしたストーリーも良かった。しかしラップバトルの結果は釈然としなかったし、そこまで人気が出るほどのラッパーに思えなかった。良くも悪くもハリウッド的な作りになってたような感じるがする。
空子

空子の感想・評価

3.9
ヒップホップとかラップバトルとかは詳しくないけど、彼らの魂の叫びが伝わってきた。
MCシェールが特によかった。
こんなに熱い映画だと思わなかった。
ラップが何よりカッコイイね!インド映画の本気を見せられた!!
自分の考えを突き通すか、それとも家の考えを受け入れていくのか、そのどっちつかずの主人公の立場から抜け出すためにもがく姿がなんとも言えなくよかった!

ちょっと彼女との別れる別れない騒動が長かったかなっと思いはあったものの胸暑くなる作品。
nao

naoの感想・評価

3.6
貧困格差、毒親、犯罪、重婚…インドってこんなに生きづらいの…?そしてみんなまじで短気すぎない…?(震
ヒンディー語とラップの親和性も高くて 言葉は分からないけど響きで韻踏んでるのがちゃんと伝わった。HIPHOPと貧困は切っても切れないよなあ。
ストーリーとしては既視感あるし事実を基にしてる分展開は読めるけど、ボリウッドらしい演出もあってよかった。