りす

アルプススタンドのはしの方のりすのレビュー・感想・評価

4.3
2020年236本目、劇場19本目の鑑賞
城定秀夫監督


今年、映画館で観た映画の中ではベスト級に面白かった
そもそも今年はコロナウイルスの影響であまり映画館には行けてなかったが、今作に巡り会えたのは素晴らしいこと

甲子園のベンチでの一コマを描いた作品なのにここまで面白い
脚本が素晴らしいの一言

そもそも高校野球を舞台に描いているのに野球シーンが一切ないのが痛快極まりない、なんて低予算に突き抜けているんだろう
試合を描きながら試合のシーンがない、これだけで興味が惹かれる人は沢山いるだろう

ラストの展開も個人的にベスト級に良い
フィルマークスの平均点の高さからも今作がただの低予算作品でないことを物語ってる

この監督はポルノ作品ばかり今まで撮っていたが、今後は色んな作品を撮るお話があるのでは?

次回作も監督するなら必ず観ます