JunkiYoda

ホドロフスキーのサイコマジックのJunkiYodaのレビュー・感想・評価

4.0
言語が全てではないことを、思い出させてくれる。
象徴的な身体表現を通しての癒し。

タルコフスキーは、人間の問題解決屋で、解決のアイディアが斬新でアートだった。
なかでも、47歳の男を取り戻す吃音の男性と、87歳の自分の過去に囚われる鬱病の女性。

夫婦の問題の際に、採石場の跡地みたいなとこで、叫ぶ妻のアップと、その後ろで螺旋の坂道を駆け上がる夫をカメラが追っかけるシーンすこ。