ツナ

ボックス!のツナのレビュー・感想・評価

ボックス!(2010年製作の映画)
4.1
ボクシングに打ち込む、二人の高校生の物語。
原作は百田尚樹さんだそうで。

面白かったです。王道のスポーツ映画って感じで、見ていて熱くなります。
幼馴染である二人の少年が、ボクシングに目覚め、やがて運命のライバルになっていく…。
構成も分かりやすく、ヤンチャとガリ勉という主役二人のキャラが正反対というのも面白い(どこかピンポンを思い出します)。

僕はボクシングは全く分からないのですが、試合シーンの迫力と臨場感はなかなかだったと思います。
また、相まって音楽が相当にカッコ良い。誰だろうと思って調べたら"医龍"や"UC"でお馴染みの澤野弘之!こんな所で活躍していたとはw

という感じになかなか楽しめました。「バクマン。」でも思いましたが、何かにひたすら打ち込む姿って誰でもカッコ良いものですよね。