426

少年の君の426のレビュー・感想・評価

少年の君(2019年製作の映画)
-
10年ほど前、坊主にしていた頃クラブで狂うほど踊ったいたら駅前留学の講師をしているという外国人のヘレンさんに気に入られて一緒に踊っていた。休みがてらヘレンさんとチルスペースで話をしたが、あまり日本語が話せなかったので私の頭をずっと撫でながら「ベイビー…ベイビー…」と言っていたのはいい思い出だ。

格差社会、受験戦争、いじめ問題をベースにしたボーイミーツガールな今作、現在の中国の抱える問題を題材にしたのによく検閲に引っかからなかったなと思ったらラストで納得(褒めてます。規制されたものをくぐり抜けるの好き)
薬の神じゃないでも思ったけどいい抜け道だわ。

いや〜泣いたね。二人のアップのシーン泣いたわ。受験が終わった時の紙をまくシーンもちょー好き。

岩井俊二とは友達になれないと思い彼の作品は今後見ないもと決めましたが、彼の残した功績によりこのような素晴らしい作品が産まれたなら感謝しないといけないかもな。ありがとう岩井俊二