Kaori

人生をしまう時間(とき)のKaoriのレビュー・感想・評価

人生をしまう時間(とき)(2019年製作の映画)
-
9月に親父が肺がんで逝った。
病院で家族で看取った。
夏の日々を思い出しながら
作品を追っていってた。

家族のあり方は色々あるから
必ずしも
自宅で家族で看取ることが良し 
とは思わない。
ただ たとえ一人暮らしでも
病院でなく
生活した中で逝くことができるのは
幸せなのかもしれない。

考えなくてはいけないけど
いまの自分にはすこしブルーに感じる。ので
また日が経って 機会があれば
改めて観なおしたいと思う。