オペラ座の怪人のネタバレレビュー・内容・結末

「オペラ座の怪人」に投稿されたネタバレ・内容・結末

字幕

歌がたまらんです。CD買いました。
ファントムの声が最初は 苦手かも~って思ってたのに気づいたらこの声が良い...!ってなってましたー。そしてクリスティーヌのめちゃくちゃ綺麗な歌声に そりゃファントムも惚れるわ!ブラボー!!👏😂スキ!

お話の色んな残酷さとかスルーしてしまうくらい歌に惚れたんですけど(スルーするな)、あっちもこっちもひどいですよね...ファントムの存在(成り立ち?)も、ファントムがしてしまった行いも...
スルーしたというかそれも許してしまうというかそれ込みで歌が良いというか

クリスティーヌの幼なじみの恋人はめっちゃ印象薄い...いい人...ですよね...いい人...どちらかというとクリスティーヌの友人?同僚?のかわいらしい女性の方が気になる存在です。ファントムがあなたを選ぶことはないけれどもし選ばれていたらクリスティーヌが行きかけた道へズンズン進むんだろうね...あーでも初っぱなに恐くなって逃げる可能性もあるな...
クリスティーヌ クリスティーヌって歌で呼び掛けるの自分の中で一時期流行りました。

ほの暗くて美しい世界に浸りたいときに最高の映画です。

映像が絢爛豪華、音楽がとても良い
Think of me で転調して画面変わるところがだいすき
怪人に救いがほしい
顔が醜くなってしまうと周りの人間は冷たくなる。そんな人生を歩んできたファントムの魂が歪むのは必然で誰がそれを攻めることができるだろうか…
何もかもが圧巻、怪人を人間として捉える見方が話の流れでは普通だけど人間ではない何か(怪人=音楽とか)として見たいタイプです。オペラ座の怪人は数多くの人の手で作品化されていてこの映画は怪人を人間的に捉えてる方の作りになってます。
原作や最初に映画になった初代は怪人をどう描いてるんだろう??もっとストーリーの音楽にフォーカスを当ててるのかな、凄く興味があります。

怪人が作りたかった曲イコールこの作品という事でしょうか、ミュージックオブナイトはラウルの曲だった。
個人的には怪人役の人の動作が素晴らしかった、特にマントの脱ぎ方が!
でもラウルが良いですね笑
サルのオルゴール?をキーアイテムに選んだ理由がよく分からない

49年後(1919-1870)を出した意味もよく分からなかったです。

でも、ファントムの悲恋など、元の脚本が素晴らしいのは感じました

凄く上から目線になりましたが、とても期待値が高かったことのあらわれです、、
G.ルルーの原作邦訳を読んだ事があったので、映画化と聞き鑑賞。正直とても感動した。
A.L.ウェバーの音楽素晴らしい。役者さんたちの演技や歌声も心に響く。
マスカレードのシーンは見た目も華やかで、見所の一つだと思う。
映画の後に舞台を見たのだけど、映画が舞台にとても忠実に作られている事が分かった(映画ならではの追加シーンもあるけど)。
個人的に、映画ラストのモノクロの世界で、供えられたバラの花がじわっと色付くシーンが、ファントムの歪んだ愛(黒)が真実の愛(赤)に変わったのを暗喩しているようで一番感動したのだけど、誰も分かってくれない…(考えすぎらしい)。
怪人がかっこいい
有名なので当たり前ですが、めちゃくちゃ上物のミュージカルでした…
家のテレビで観たのに鳥肌たつくらいの迫力があって、壮大な音楽すごかった

そして切ない……ほんとに切ない
顔が醜いがために人から疎まれて隠れて生きていくうちに心まで曲がってしまって、その結果クリスティーヌの信頼もなくしてしまったっていうのが…………悲しい………かわいそうでしょうがない………
もし醜くなかったらこうならなかったのかもとか色々考えました(解釈合ってるのかわからない)
ファントムとクリスティーヌには幸せになって欲しかったです!!!!でも最後にクリスティーヌがキスしてくれてファントムと一緒に私もちょっと気持ちが救われた。

劇中歌ではThe Phantom of the OperaとThe Mirrorが今ところ好き。サントラほしいし、何回も見返したいな
エミーロッサムの年をみて当時ひたすら驚いた。え、若すぎるって。西洋人の年わからない。
とにかく、怪人が怖かったので引き込まれました。クリスティーヌが地下の世界に引き込まれて行くシーンがハラハラするんだけど美しい。

逆恨みのストーカーのようで恐ろしくて、個人的には子爵とくっついてくれて安心したけど、クリスティーヌが死んでもなお衰えない怪人の不変のクリスティーヌへの愛が切ない。
>|