よう

劇場のようのレビュー・感想・評価

劇場(2020年製作の映画)
3.5
(アマプラで鑑賞)
永田のいろんなダメさと健気すぎる沙希。2人の関係性の不安定さに痛々しく見入る。やり取りの妙な可笑しさもあれば、「ダメだけどちょっと共感。でもそれはダメ」って思う瞬間も。
前半はナレーションの多さやちょっとしたダラダラさが気になったが、又吉直樹さん原作ということもあっての文学感なのかな。
後半、沙希が少しずつ変化していくあたりや、二人乗りのシーンなどには好感。

とにかくエヘヘと笑ってるだけの感じから後半の変化まで演じている松岡茉優さんがさすがに好かった。
山﨑賢人さんの髭とボサボサ髪、猫背でフラフラした歩き方など、いいバランスだなと。もうちょい憎たらしさが出るようなキャストでもよかったかもしれないけど、童顔のイメージが強いぶん、それが永田の内面の幼稚さ・成長しなさそう感とも重なって結果的に好印象。

終盤は、仕掛け的な所以上に、その手前のアレを読みながら……ってほうに感動。2人が何かケジメをつけるための行為として捉えて観てた。
エンドロール終わりまで味わいがある。