ジョー

劇場のジョーのレビュー・感想・評価

劇場(2020年製作の映画)
3.3
一歩遅い


売れない演劇作家の永田は女優になる夢を追って上京してきた沙希に恋に落ちる。
ヒモとしての地位を不動のものとする発言、行動を繰り返す永田に終始腹が立って仕方がない。
愛想を尽かさずに自分が壊れていく沙希の姿が見て居られずに何度も再生を止めた。

それでも最後まで見切ったのはこの二人の結末を見届けたかったからだと思う。

2人共幸せになろうとするなら叶ってはいけない恋が、どうか無事に終わりますようにと願いながら。


「あと一歩早く動き出して居たら」
そう思うのは当然のことながら、一歩遅かった時だけ。
あの時、もう少しだけ広い視野を持てていたら
もう少しだけ目に見える行動を耳で聞こえる声をかけていたら

人は間に合わなかった時にしか成長できないのかもしれない。
でもそれはいつか訪れる「二度と無い出会い」に間に合わせるための成長だったと思うしかない。
間に合わなかった二度と無い出会いを無駄にしない為に。