劇場の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場」に投稿された感想・評価

勝手にふるえてろの松岡茉優さんが素敵でこの作品もみた。
売れない芸術家と明るく献身的に支える恋人。
何かに気付き何かを得るためにその恋人だった女性は思い出になる…このパターンは苦手かも。最後にさきちゃんは謝ったり泣いたりしてほしくなかったなー。
ストーリーは好みではなかったけど映像は淡々としながらも美しく映画らしかった。
coro

coroの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

原作未読、前情報無しで鑑賞。

観ていて辛かった。
17〜22歳くらいの時に観たら更に感情移入したと思う。

純粋さ、真面目さゆえ、本当の優しさに辿り着けず依存し合う。
心から彼女を好きで大切に思っているのに自分を曲げられず、芝居にしか生きる価値を見出せない彼。自分勝手にせよ借金までして自分から離れたのは優しさでもあったと思う。
彼女は彼の才能を信じ、変わらないから好きでいるのに、心身とも壊れる前に真っ向から真摯にぶつかる事ができたら…。
彼を信じていると言い聞かせながら、お酒や他の人に逃げ、彼の才能も自分自身も信じ抜く事ができなくなった過程がよく分かる。
「優しくて弱い女の子」を松岡は素晴らしい演技で魅せてくれた。

最後、彼が自分の体験を芝居にしたという事は、変な拘りは捨てて等身大の自分を見せる事が出来る様に成長したという事か…。

機会があれば原作を読んでみようか。
うーん、よくわかんなかった
mmmmm

mmmmmの感想・評価

3.7
大事な人を大切にするって簡単なことの積み重ねだけどそれが難しい。
ラストシーンが泣けた。
らむ

らむの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

男性に刺さりそうな恋愛映画。

才能がないと気づきながらも、それを認められず、イラつきながら、聖女のように優しい彼女までも壊してしまう男の話。
ダラダラと日常風景が続くけど、繊細な心理描写が私はとてもすき。

吉岡茉祐は可愛すぎ。
男が求める「居場所」ってこういう彼女なのか。。

短期間に2回観たのだが、2回目は登場人物全員が気持ち悪く思えた(褒め言葉)。

主人公がまずクソ男だし、それを甘やかし続ける彼女も彼女でとても気持ち悪いものがある。
また主人公を取り巻く劇団関係者も、ものすごい成功をおさめてるわけでもないのに「どの立場からの説教?」みたいな発言が気持ち悪い。

↑の気持ち悪いは全部全部褒め言葉です。

そういう人間の「気持ち悪い」ところ含めとても感情移入できて、大好きな作品。
またいつか観るだろうな。
山崎賢人さんは申し訳ないけどイケメン枠ゴリ押しのイメージがありましたが、今回は不潔を感じるほど汚らしいしクズ男ぶりが素晴らしい(褒め言葉)

松岡茉優さんは感情の起伏が難しい今回の役を、見事に表現分けしてます。

リアルなカップルの生活を表現している作品で、共感しすぎて胸が苦しくなるほどです。

最後の仕掛けの見せ方は素敵やん、、ってなります。
カタルシスがあり、最後は切ないです。

エンディングロールも暗転が工夫されており爽やかな気持ちになれると思います。

映画化に至って監督のセンスが光りました。
Amazonプライムで鑑賞
好きです。また見よう。
この監督の作品好きなのかも。
ジョバ

ジョバの感想・評価

3.4
うーむ全くわからない、主人公や彼女に全く共感出来ない
ただの都合の良いDV男にしか思えなく痛々しかった。。

ナレーションは良くストーリーをわかりやすくしていてわかりやすく良いし、ラストシーンは凄い良かった、、最後で救われた気がした。 
ラストシーンまでの振りが辛い

このレビューはネタバレを含みます

人間味がすごい
綺麗すぎない心の描写
さらお

さらおの感想・評価

4.6
退廃的な恋愛
>|