劇場の作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

上映館(1館)

「劇場」に投稿された感想・評価

Roco

Rocoの感想・評価

3.4
恋愛も人生的にも、なかなか出口が見えなくてしんどかったけど、彼女の健気さと涙に救われた。

山崎賢人の役柄もハマってた。猫背姿に、そういえばL役もやってたなと思い出したけど、髭を伸ばしたやさぐれた雰囲気もなかなか良かった。

下北と、演劇を見に行きたくなったなぁ。
‖動画配信‖
永田(山崎賢人)みたいなダメ男になんで沙希ちゃん(松岡茉優)は着いてくの?
永田ってありえないほど、幸せじゃないかな。
沙希ちゃんって性格もいいし、世話焼きで最高の奥さんになるはずだった。
永田と出会わなければ、はたから見ればもっと幸せになれたような気もする。
でも沙希ちゃんにとっては、永田といることが1番の幸せだったのかもしれない。
みていて、沙希ちゃんがホントに不憫。
心が綺麗だからこそ、傷ついてほしくないけど傷つきやすいのかも。
永田、もっと頑張って沙希ちゃん幸せにしてよ、とずっと思っていました。
あんず

あんずの感想・評価

4.0
クズオブヒモ男(๑・̑◡・̑๑)

ちらっと見せる優しさというか切ない表情とか一生懸命さに惹かれちゃうのかな


共依存で壊れてくのね

ながくんに激情しちゃう
shun

shunの感想・評価

4.1
やっと観れました、、
自分の中では松岡茉優ブームが3か月ほど前にありまして、この映画も楽しみにしていたのでほとんど前情報入れずにアマゾンで。

ピース又吉さんの原作映画はこれが初めてです。

高評価も多いし評判も良かったから少しハードル高めに観たけど想像以上に良かった、、レビュー見ると「ラストがすごい!」って声がたくさんあったから観ながらこれはどういう終わりかたなんだろうなあといくつか予想つけてたけどこれは全然思い付かなかった、、すごいなあ。

ずっと観ててなんで早く別れないんだろう、、って思ってたけどそれだけお互いがお互いに依存してたんだろうなあ。
桜と自転車のシーンが美しかった。

結構長回しのシーンも多くて俳優さんの表情の演技を楽しめました。

とにかく松岡茉優の演技が(いつもだけど)神がかってた。頭のてっぺんから爪先まで沙希に成りきっているんだろうけどあまりにも自然すぎる。どんな役をやってもこれ素で演じてるんじゃない?って思ってしまう。本当にすごい。
でもそうするとやっぱり周りがの演技が大切で、山崎賢人さんも良かったのだけれど「勝手にふるえてろ」の時も思ったような違和感がちょっとあった。松岡茉優がすごすぎるから周りが良い演技でもなんか差があるように見えてしまう、、みたいな?

でも今まで少女漫画の映画化ぐらいでしか見てこなかった山崎さんの新しい一面が見れた感じがして嬉しかった。完全に個人の感想ですが夢がたくさん詰まった人の役よりも今作みたいにボロボロの役のほうが観やすいです

あと、伊藤沙莉も出てた

映画におけるキスシーンそれ以上の描写についても考えさせられた

すごく日本の映画っぽくてミニシアターで観たかった作品でした。
ひろ

ひろの感想・評価

3.1
うーん、良くわからなかった。
とにかく松岡茉優が可愛そうだった。
自分の傷みには敏感なのに、さきの傷みには鈍感な主人公をみるのがしんどかった。
よかった、こんなクソ男に広い心を持ってるさきちゃんは素晴らしいし、ラストのシーンはほんとに泣けた。
一番途中のバイクのシーンはとっても苦しかった。
N

Nの感想・評価

4.5
ラストシーン、演劇みたいと思ったら壁が無くなって泣かせにきてる感ある演出だけど、泣いた。2人の感情が分からなくもなくてどっと重みくるから怖い、ずっしりくるこの感じ嫌いではない
もも

ももの感想・評価

3.9
元彼と自分に重なってしまう部分が多くて見てて辛かった。落ち着いてからもう一回見たら、永田にイライラできるかな〜
みき

みきの感想・評価

4.0
さきちゃんがもう27歳だって叫ぶシーンまで気づけないほど、年数が経ったことを感じさせない、長い間現実から変化から逃げた2人の共依存映画。
さきちゃんは笑顔で、永田は怒りでごまかして、現実逃避の甘やかし傷つけるシーンが続いてしんどかった。
東京で過ごした2人の年月をせめても作品にして、永田がやっと評価されたラストはホッとした。