singer

ブラック校則のsingerのレビュー・感想・評価

ブラック校則(2019年製作の映画)
2.4
いやいや、まぁ最終的にスッキリした事は、スッキリしたんで、その点については良かったとは思うんですが、もう後半にギューっと詰め込み過ぎで、途中までが本当にキツかったです。
イメージとしてはもっとサクサクと、学校やブラック校則と戦っていくような学園バトルムービーのような物を想像してたんで、結構普通の青春映画なノリが思ってたのとは違ってて、少し外された気分で観進めてしまいました。

佐藤勝利(Sexy Zone)
高橋海人(King&Prince)
田中樹(SixTONES)

彼らジャニーズの若手俳優達の演技に関しては、みんなしてやっぱりちょっと辿々しく、良い意味で若さには溢れていたけど、主要キャストが少しジャニーズに片寄り過ぎていて、現実感を欠いていたようにも思いました。
モトーラ世理奈も、やっぱり存在感は1番感じたけど、演技が淡々とし過ぎてて、佐藤勝利演じる、主人公・創楽の想いに見合って無かったように感じたし、その点で少し感情が入ってく余地が少なくなってしまったので、キャスティングと各々の演技に関しては、個人的には少し至らなかったかなぁというのが正直な所でしたね。

そして、やっぱり一応触れておくと、地元出身の堀田真由さんが出演されていますが、今作はあまり語る所が無かったですね。脇役というより、チョイ役って感じの扱いだったので、役柄的に仕方無いかなぁと。

でも、坂井真紀、光石研、でんでん、薬師丸ひろ子と、脇の面子の強力さが凄くて、
なんだか若手とベテランがクッキリと分かれるという、このキャスティングの妙が、結構際立っていたなぁと思う部分もありましたね。