松井の天井直撃ホームラン

42ndストリートの松井の天井直撃ホームランのレビュー・感想・評価

42ndストリート(2019年製作の映画)
-
☆☆☆★★★

《どんな状況になろうとも希望はある》

今、映画館へ行くと。来年公開の話題作『Cats』の予告編が観られる。
現在、ミュージカルと言えば。大掛かりなセットで描かれるロンドンミュージカルを第一に思い浮かべる人が多いのだろう。
だが観よ!この他愛の無さこそがミュージカルコメディーだ!

まあ、はっきり言って。ストーリー上の中身のなさはどうでも良いんですよ!
2時間ならば、如何に2時間を楽しませて貰えるか…が、大切なんですよ!
その意味では、このブロードウェイ版はまさに充分な内容でしょう。
ただ、1つの懸念を除けば…。

この元ネタにあたる、ワーナーミュージカル『四十二番街』には、或るとんでもない天才振り付け師が関わっており。その映像の革新性は世界遺産クラスで。それだけに、舞台でこの革新性を越えることはままならず。足枷となってしまいかねない。

《バズビー・バークレー》

よく万華鏡の様な…と言われる、天才ゆえに特有なバークレーショット。
(おそらくやむを得ず…と言って感じで)この舞台版でもほんの一部だけ鏡を使った演出で、映画とは違う舞台としての挑戦をしていた。
観ていて、「おお!なるほど、そう来ますか〜」…と(^-^)

バークレーは、オリジナルの『四十二番街』と同時に『ゴールド・ディガーズ』シリーズの振り付けも担当し、同じ曲も使用しており。『四十二番街』も凄いのだけど、『ゴールド・ディガーズ』シリーズでも、度肝を抜かすバークレーショットを見せてくれる。

『ゴールド・ディガーズ1933』振り付け バズビー・バークレー ♬シャドウ・ワルツ♬

https://youtu.be/dlPuBZ4oCr4

♬シャドウ・ワルツ♬ バイオリンの有名場面の前にあるディック・パウエルの歌の部分。
ちなみにディック・パウエルは。後に映画監督として、あの大傑作潜水艦映画『眼下の敵』を監督する。

https://youtu.be/T0IL4V1hrAM


『ゴールド・ディガーズ1935』 振り付け バズビー・バークレー ♬ブロードウェイの子守唄♬

https://youtu.be/Yx6s-YReOJY

おまけ(笑)
『海の上のピアニスト』やロス五輪で再現しようとした有名なバークレーショット

https://youtu.be/QHMbSTWJvZM


ところで、舞台版は2幕構成なのだが。1幕が終わり、2幕が始まった…と思ったら直ぐにクライマックスにあたるプロダクションナンバーへと移行する。
つまり2幕目が丸々クライマックスとすら言えるのだから恐れ入る。
しかもアンコール部分が(短いとは言え)更なるセカンドプロダクションナンバーか?と言える程のミュージカル熱量に溢れていたものだから、観ていて胸熱だった。

出演者の中では、個人的にマーシュ役のトム・リスターがとにかく素晴らしかった。
最後に見せる圧巻の歌いっぷりに鳥肌が立ちそうになった(´Д` )

2019年10月18日 東劇