藍住

これは君の闘争だの藍住のレビュー・感想・評価

これは君の闘争だ(2019年製作の映画)
4.0
ブラジルで公立学校の予算削減案とそれに伴う廃校(これがボルソナロ大統領誕生前の出来事って信じられない)に抗議する学生達の闘いの記録であり、青春の記録である。
政治を動かすのは私達であることの証明。
デモをやる意味ってあるの?
そもそもデモって暴力とか危ないイメージあるけど大丈夫?の完璧な答えがこの中にある。
デモを暴力に染めるのはデモの参加者ではないし、デモをやる意味はある。
絶対にある。 


映画から漲るパワーが凄すぎて今爆裂元気!!!!!
これからも絶対に黙らないぞ!!!!!!!!!!の決意を胸に、映画館から出てきた。
デモに参加する学生たちの姿に勇気をもらったと同時に、学生が安心して勉強できる環境を作るのは私達大人の世代なので、私は日本で子供を支えられる大人になりたいとも思った。
へこたれそうな時に観たい映画リストに入れる。
良いドキュメンタリー映画だった。