オペラ座の怪人の作品情報・感想・評価

「オペラ座の怪人」に投稿された感想・評価

めっちゃミュージカル
ずっと歌ってらっしゃる

誰もが一度どころか何度も 聴いた事があるであろう テーマ曲が 何度も劇中で流れるけど 圧倒的迫力が あってすこし恐怖感が煽てられた

仮面舞踏会のシーンがあるとは知らず 嬉しかった
123

123の感想・評価

4.3
ファントムから滲み出てくるセクシーさがやばい。

歪みきった愛。
愛と憎しみが、すごすぎて。
いやー、すごい。
nrm

nrmの感想・評価

3.5
何回も見ないと理解できないけど、笑

初めて見たときは圧倒されて鳥肌がやばかった。笑

あらすじを読んで見たほうがわかりやすいかもです!!

でも。素敵なミュージカル♪

いろんな視点で考えることができると思います。
インサーイドマーイン♪
NJ

NJの感想・評価

4.0
冒頭のシャンデリアシーンに感動。
吉良

吉良の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

タイトルも曲も聞いた事はあったのに、観た事はなかった名作。

『オペラ座の怪人』と聞くだけで何となく敷居が高そうだなーと思っていた。
白黒映画かな?とか、難しいのかなとか。

案の定白黒っぽい始まり方で、「こりゃあ気合を入れて観なきゃ」と居住まいを正したら…
有名すぎる曲と共に、色付き、栄華を取り戻していくオペラ座!
冒頭のこのシーンは何度観ても鳥肌が立つ。

世間知らず故に、あまりにもあからさまに好きな女の子を贔屓したり、褒めそやしたり、顔を覆ってかっこいいとこ見せつけたり。
あの手この手で気を引こうとする哀れで一途で、才能溢れる怪物。

呪われた人生でもたったひとつ、一番欲しいものくらいは、何が何でも手に入れたいよねぇ、と同情してしまう。
ライバルの子爵は何でも持ってるもんねぇ。

とは言え、
クリスティーヌに会ったのはラウルの方が先だし、たった一声聴いただけで恋に落ちたのはファントムの方だったと思う。

ラウルがあげた婚約指輪を奪い取って流用するし、嬉しそうにマイフィギュア披露して気絶させちゃうし、中二病全開のベッドにクリスティーヌ寝かしつけるし、(しかも結構苦労して持ち上げてるし)、大事なシーンなのに口説き文句もパクるし、もう…なんて不憫な子なんだろ…
と、観てて可哀想で仕方なくなった。

でも、その純粋さや情熱がなければファントムじゃないだろうな。
普通の環境に生まれ、普通に愛されて育ってきたら、きっと才能は花開かなかっただろうから。


Pitiful creature of darkness.
What kind of life have you known?
God give me courage to show you,
you are not alone.

この歌詞が好き。
圧倒的名作。歌が好きだなあ。
ファントムが「普通」だったら、クリスティーヌと幸せになれたのか、一人でも幸せを掴めたのか…
でもファントムが「普通」だったら音楽の天使にはなれなかったんだろうな。皮肉だけど。
墓に添えられたバラが、彼にはその後も愛してくれる人が現れなかったと物語っているようで切ない。
Chiel

Chielの感想・評価

3.5
音楽がとても壮大だった。シャンデリアが見えてオペラ座が蘇る場面が印象的。マダムはファントムをどうしたかったのだろう
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ゆうかてぃんのいう通り、全てが美しく良かった。
あーこの有名な歌か!となった。
ファントムは歪んでたけど、歪むのも当然。そしてその歪みで愛した人に憎まれ、手放さないと行けないのかーと可哀想やった。
でもワシもラルフ派。
オペラって近くで音楽演奏してるんやすげーと勉強になったし私も舞台みたい。
19世紀のパリ国立オペラで起こった史実を引用してるらしい。すごい!
もしフランスに行けばちょっと見てみたい
>|