CHEBUNBUN

死霊魂のCHEBUNBUNのレビュー・感想・評価

死霊魂(2018年製作の映画)
4.0
【YIDFF2019:中国のチチコフが木霊する】
ブンブンがドキュメンタリーに嵌るキッカケとなったのは王兵の『鉄西区』と出会った時だった。高校時代、NHKで山形国際ドキュメンタリー映画際とのコラボ企画で王兵作品を放送しており、そこで『鉄西区』を観たのだが、朽ち果てた世界の悲しさと美しさに心奪われた。と同時に、「いつか山形国際ドキュメンタリー映画祭に行きたい」と思った。それから10年後、遂に山形の地を踏んだ。しかし、史上最強クラスの台風が私を山形に着かせまいと妨害してきた。それに耐え、文字通り地を這って今回の王兵8時間マラソン『死霊魂』の会場に足を運ぶことに成功した。

さて、王兵について語っておくとしよう。王兵は、中国を代表とするドキュメンタリー作家である。外国の監督、ジャーナリストがたどり着くことのできない中国アンダーグラウンドを、フランス等の助けを借りて製作している。常に資金不足故、劇映画が撮れず仕方なくドキュメンタリーで中国を描いているという背景があるため、彼の描く世界は毎回ドラマティックだったりする。1996年に北京フィルムアカデミーを卒業後、テレビドキュメンタリーを数本製作する。そして2003年に、かつて中国産業を支えた工業地帯の衰退を9時間かけて描いた『鉄西区』で衝撃のデビューを果たす。

彼は長い時間観客を被写体と対峙させることで、知られざる中国暗部に没入させる手法を撮っており、14時間かけて中国油田事情に迫る『CRUDE OIL』や3時間48分かけて中国南西部雲南省にある中国の精神施設を捉えた『収容病棟』などを製作している。

そして今回8時間かけて文化大革命時代、ゴビ沙漠にある夾辺溝、明水に「右派分子」というレッテルを貼られ再教育対象として送られた者の記憶をアーカイヴしていった。本作は2005年から2017年までに取材して得た資料を編集したものであり、『鳳鳴 中国の記憶』、『無言歌』に続く夾辺溝シリーズ最終章にあたる作品だ。

さて、そんな8時間の超大作は、被写体が持ち時間20~40分で自分のサバイバル生活を語っていく内容となっている。クロード・ランズマンの作品同様、写真や過去映像にできるだけ頼らず、強烈な証言だけを提示することで、観客の脳裏にヴィジョンを焼き付けるものとなっている。

第一部では、1957年反右派闘争によって夾辺溝や明水に送られた者の時代を、無知な者が全体像を把握できるようにエピソード配置する。当時の中国は、完全な階級社会で、上司の言うことは絶対であった。何かをするにしても権力が必要とされている時代だった。政府は百家争鳴をスローガンとし、「中国共産党に対する批判を歓迎する」という姿勢をとっていたが、それは反抗的な知識人を炙り出す為に使われ、学校教師や哲学者、医者といった人が次々「右派分子」とレッテルを貼られ、突然家族に十分別れを言う時間すら与えられずに夾辺溝へ送られた。

夾辺溝や明水は、不毛の地であり、食物は全く育たない。また、物資配給が極端に少なく、1日250gの僅かな食材しか与えられない状態で肉体労働に従事する必要があり、最初は1日数人餓死していたのが、最終的に1日数十人規模の餓死者を出す結果となった。ツゥオ・ゾンホウの証言によれば、乾燥土に茣蓙を引くレベルの寝床で、朝はとても寒いとのこと。ある日、役者で同居人のリー・ディオティンを起こそうとしたら、冷たくなっていたとのこと。

生き残った人の多くは料理人だったりする。料理人は、監視員の目を盗んで組織ぐるみでつまみ食いを行い、なんとか生命を維持していた。『鳳鳴 中国の記憶』でも、飢えに耐えきれず、台所に盗みに入る場面があるが、料理人はそのリスクを冒す必要がないので生存率が上がったと考えることができる。そして、食料にもランクがある。レンゲ2杯で満腹になる《麦こがし》は、食料の中で最高ランクのアイテムだ。次いで、ヨモギの葉やナツメの花をすり潰して食べていた。中には、上司に植えるよう言われていたヒマワリのタネなんかも食されその結果、ますます沙漠に作物が実らなくなったり、亡くなった人の内臓や自分の尿を口にしたという酷い状況が物語られたりする。そして皆、口を揃えて言うのが、「ヒエの皮はヤバい」とのこと。便秘になり、棒で肛門から便を掻き出さないといけないとのこと。こうまでして図太く食料にありつかないと、体全体がムクれあがり、かと思うと骨と皮だけに萎んだりと身体に変調をきたし、立って動くこともままならなくなるのだそう。倫理観が、道徳がなんていってられないのです。

明水に乱雑に放置されている頭蓋骨類を調査する、第一部の人物たちと記憶の間からアッセンブルする鳳鳴の記憶の感動的なオープニングから始まる第二部は、まるでマーティン・スコセッシ映画のような饒舌さでもって各々の物語が紡がれる。そして、エピソードの随所で3時間以上積み上げられていった物語の断片が伏線として繋がっていく。それによって、中国史を知らぬ者であっても、強烈に惨状が脳裏に焼きつくこととなる。

哲学教員から夾辺溝に送られ、人肉食いを目撃した男がやがて町医者に転身するまでの数奇な人生、中国の『大脱走』と言わんばかりのジャオ・ティエミンの何度絶望の淵に立たされても立ち上がる逃走劇など次々と迫り来る物語に熱くなっていく。

そしてクライマックス第三部では、故郷に残された者や再教育プログラムを行う側の視点からさらなる肉付けが行われる。

「貴方だったらどうする?倫理的に行動できるのか?」

という問いが木霊し、明水に無数に並ぶ骸を前にカメラは死霊魂を成仏していくのだ。彼12年の集大成は、ニコライ・ゴーゴリの『死せる魂』で狡猾に生き延びていくチチコフさながらの物語を持つ、生き残り達の微かな言葉によって見事あの時代の惨状アーカイブすることに成功した。

若干、後半失速した感じはあれど、素晴らしい作品でした。
また、山形に地を這って訪れた甲斐がありました。